スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


木の上の住人、な猫

Almond the cat never leaves his tree - EVERアメリカ、ウィスコンシン州、グリーン郡、
ベルビルの町近く

楓の木の上に、たたずむ猫




近所に住む、ロン・ベンデン(Ron Venden)さん、66歳が、
2010年6月頃、母猫と子猫達がこの木にいたのを発見

母猫がこの木で子猫達を産んだようだが、
しばらくすると、母猫と他の子猫達はどこかへ

しかし1匹だけこの木に留まっていた

ベンデンさん、元大工をしていたが、既に引退しており、
この猫に、アーモンド(Almond)と名付け世話をしている

過去に何度か木から下ろそうと試みたようだが、
アーモンドは爪を立てて、抵抗
(思いっきり引掻かれたようです)

ベンデンさんは、それ以上無理強いせず、
冬が訪れ寒くなり雪も降るので、
寒さと雪を凌げる様にと、テントのようにカバーを掛け、
藁などを用意し、寝床を作成したり、
餌や水などを与えて、世話を続けており、
少なくとも1日に2度、3.5mの梯子を上り、
アーモンドの様子を見ている

動物保護施設の関係者は、
”雨風を凌げるスペースがあり、食事も定期的に与えられている、
 アーモンドは既に子猫ではなく、ある程度成長しているので、
 問題はないだろう” とのこと

誰も、アーモンドが木から降りている姿を見たことがなく、
”生まれてから、1度も降りたことがないのでは?” と言われている

木がちょうど、窪みになっており、居心地がいいようです

映像のプラスチックケースの上に、
座っている姿はちょっと”自慢げ”にも見える・・・

生後7ヶ月のアーモンド、
丸々と成長し毛艶も良さ気で健康そうな猫

ベンデンさんに撫でられている姿を見ると、
木からおりてベンデンさんの家に引き取られるのは、
そう遠くないのでは・・・とも思える

この場所から、一番近い大きな都市、
マディソン(車で30分程、北東)の、
1月の”平均”気温、-8.3℃、2月は、-5.6℃ で、
最高気温でも、氷点下の事が多い

せめて寒い季節だけでも、なんとか木から降りて、
室内でと・・・

追記:映像が非公開となったようなので・・・



幸せな猫の育て方―暮らし方・遊び方・健康管理幸せな猫の育て方―暮らし方・遊び方・健康管理
(2005/02)
加藤 由子

商品詳細を見る

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
 広告
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
広告
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

Dobot

Author:Dobot

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今週の人気記事
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。