スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


列車に押され、駅のホームまで行った車

ДТП на переезде Щербинка 26 08 20132013年8月26日 AM 6:45頃
ロシア、モスクワ州シェルビンカ

シェルビンカ駅横の、踏切での事故




ニュースの映像


押された車の画像
(画像クリックで拡大)
ДТП на переезде Щербинка 26 08 2013 2

駅横の踏切のため、列車は速度を落としていたものの、
列車に激突された、白のシボレー・ラセッティ
(韓国のGM大宇が製造している車で、
 日本では、シボレー・オプトラ)は、
そのまま100m以上(200mとも)列車に押され、
駅のホームまで・・・

シボレーの運転手は、
アルマース・ベリョースキン(Алмаз Березкин) 27歳

病院に搬送されたものの、重体
(昏睡状態とも、伝えられているが、
 列車の衝突が、助手席側だったため、
 一命を取り留めたものと見られている)

車は、列車にめり込むように入り込み、
通常の作業では引き剝がせず、
重機を使用して、線路上から退かされ、
その後、撤去された
(迅速に作業が行われ、約1時間後の、
 8:00頃には、列車の運行が再開された模様

 それでも、朝の通勤時間帯に、1時間以上、
 上下線とも運行停止した事で、多大な影響が・・・)

鉄道職員の話では、
”警報が鳴り、遮断機が下りていたにも関わらず、
 シボレー車の運転手は、遮断機の無い、
 対向車線側から回り込み、踏切内に入った”としている

(ロシアでは、事故の多い踏み切りに、
 踏み切り警備員のような職員がいる事があり、
 この話をした鉄道職員は、踏切の職員かと思われます

 ニュース映像で職員が話している時に、
 対向車線にも、赤白の遮断機のようなものがありますが、
 遮断機ではなく、臨時封鎖用ゲートのようです)

こちらはシボレーが通過した踏み切り(上の映像奥側)

大きな地図で見る

鉄道職員の証言を元に、事故調査をしているようで、警察も、
”シボレー運転手が、警報機や遮断機を無視して、
 強引に踏切内に入ったための、事故”としている

鉄道会社のサイトでも、
”車の運転手の、目に余るような道路規定違反があった
 (警告の)赤信号を無視し、踏切内に入り、列車と衝突”として、
朝の通勤時間帯の、列車運行に支障をきたした事故を説明

だが、上の映像を見ると、
遮断機は、列車が通過し、緊急停止した頃に、
ようやく降りており、シボレーの前後の車も、
対向車も、全く列車の到着に気付かなかったように、
普通に踏み切りを往来しているため、
警報機も、作動していなかった可能性がある
(警報機に関しては、映像からは分からず、
 ロシアでは、警報機が鳴っていても、無視して、
 踏切に入ってしまう歩行者やドライバーも多い・・・)

上の監視カメラの映像は、動画サイトから出回った映像で、
ニュースなどは、事故後の現場映像と、
警察や、鉄道職員の話のみだった

上の映像が公になり、鉄道関係者の話の、
”閉まっていた踏切を迂回して、強引に踏切内に入った”は、
嘘だった事が、発覚

鉄道会社のサイトでは、
”事故は、公式な調査を行っている最中”
に、(慌てて)変更した模様

踏切システムの故障は、調査されているものと思われますが、
警報機の作動有無は、まだ、明確にはなっていないため、不明

ただ、踏切のシステムが故障していたとしても、
シボレー運転手は、
”踏切で一旦停止し、安全確認しなければならない”の、
交通ルールに違反しているため、無罪とはいかない模様

遮断機の不具合や、鉄道職員の虚偽が発覚という、
少し複雑な、踏切での、自動車と列車の衝突事故

追記:下のニュース映像に、鉄道職員の、
   (後で虚偽だったことが判明した)証言シーンも、
   含まれていたのですが、削除されてしまいました


鉄道員裏物語―現役鉄道員が明かす鉄道の謎鉄道員裏物語―現役鉄道員が明かす鉄道の謎
(2010/10/22)
大井 良

商品詳細を見る

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
 広告
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
広告
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

Dobot

Author:Dobot

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今週の人気記事
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。