スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


犬、飼い主の車に撥ねられる

Man Runs Over Dog Purposely2013年12月28日
アメリカ、カリフォルニア州ホーソーン

 






路地の脇に寄せ停止した黒い車、
運転手が車から降り、トランクを開け、
トランクから、チワワを降ろした模様

運転手は、すぐに車に戻り、一旦バックして発進、
その際、前に回り込んでしまっていたチワワを撥ねた

運転手はそのまま逃走

近所の住人が、既に死亡し数日経った犬が、
ビニール袋に入れられて道端に置かれているのを発見し通報、
1月2日、警察や動物管理局が調査を開始

監視カメラの映像を発見し、
車のナンバープレートから車の所有者を割り出し、翌日(1月3日)、
マイケル·デビッド·パーカー(Michael David Parker) 45歳
を、動物虐待の容疑で逮捕
(警察に拘留されて数時間後、$20,000(約 209万円)の、
 保釈金を支払い、現在は保釈されている)

運転手は、”事故だった”と主張しているようですが、
地元の警察は、車をバックさせた後、ハンドルを切り、
犬に向かって急加速し、意図的に撥ね殺したものと見て逮捕・起訴した

友人の話によると、この男性は、
16年連れ添った妻と、2011年夏から離婚調停中
(夫婦には、15歳と12歳の息子と、6歳の娘の3人の子供がおり、
 子供達は妻の元にいる)

現在男性は、別の恋人との間にも子供がおり、
裁判所を通しているものの、離婚条件で折り合いがつかず、
(裁判のシステム的なものもあって)なかなか話が進んでいなかった

夫婦が飼っていた2匹の犬は、別居後、
中立的な立場の第3者に預けられていたとも、
夫婦が住んでいた家で飼われ、
妻や子供達が面倒を見ていた、とも・・・
(夫婦が住んでいた家は、所有権を巡る争いとなっているようで、
 空き家になっており、犬達だけが空き家に残され、
 妻や子供達が通って、餌などを与えていた模様)

映像の犬は、夫婦が飼っていた内の1匹、
カウカウ(Cow Cow)と言う名の5歳半の犬
(”ラッキー(Lucky)”と名付けられた、もう1匹の犬も、
 行方不明となっている、との話も)

この日(12月28日)夫婦間で話し合いがあったが、
男性の主張を妻が拒否し、話し合いは上手くいかず、
男性は激怒し、妻や妻の家族に脅迫まがいの事を言っていた、とのこと

(怒った男性が腹いせに犬を殺した、もしくは、
 脅しのためにやったのでは、と友人は見ているようで、
 犬の(現)飼い主である妻も、
 夫が自分の言い分が通らなかった報復として犬を殺した、と見ている)

警察は”妻との諍いが犯行の動機であるかどうかは不明”
としており、裁判は3月25日に予定されている、とのこと

(運転手は事故だと主張しているが)
意図的に撥ねたと見られている、
(”元”とはいえ)飼い主に車で轢かれた、チワワ


わんコレ マグカップ チワワ wa-m-S12わんコレ マグカップ チワワ wa-m-S12
()
丸勝

商品詳細を見る

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
 広告
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
広告
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

Dobot

Author:Dobot

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今週の人気記事
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。