スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ニュージーランドの交通安全啓発CM

Speed ad - Mistakesニュージーランドの交通局が作った、
スピード超過運転事故防止のためのCM

ショッキングだと話題に・・・



(2014年1月5日 投稿映像)

脇道からの合流での事故、直前に時間を止め、
ドライバー達が会話

だが、両者車に戻った途端、
止まっていた時間が再び流れ出し、激突

時間が止まり、冷や汗で済んだように見せておいて、
シートベルトを締めた瞬間、戻すとは・・・

このニュージーランドの交通局(NZTransportAgency)、
時折、少々ショッキングと思われるような映像を作成し、
交通安全を呼びかけているようです
(ショック療法?)

”Flying objects”

(2012年2月28日 投稿映像)

高速で走行中の事故で、衝突の瞬間の、車内の様子
(車内の物が凶器に変わることも・・・)

こちらは”Trapped”

(2011年1月25日 投稿映像)

飲酒運転で道路脇の崖を転落し、
車内に閉じ込められる青年

ニュージーランドは、飲酒運転の事故中、
40%以上が24歳以下、とのこと
(19%が15-19歳、24%が20-24歳、だそうです

 ニュージーランド、車の免許は15歳以上、飲酒は18歳以上なため、
 単純に考えると、18歳と19歳のみで約2割になるわけですが、
 18歳未満は店でアルコールを購入出来ないものの、
 親が酒を買い与え、高校生が友人宅で飲酒パーティもよくあるので、
 実際には、18歳未満でも友人宅で飲んで帰り道車を運転し、
 事故を起こすことも多いようです)

ショック療法的な、交通安全啓発映像でした


交通事故学 (新潮新書)交通事故学 (新潮新書)
(2013/11/16)
石田 敏郎

商品詳細を見る

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
 広告
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
広告
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

Dobot

Author:Dobot

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今週の人気記事
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。