スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


鹿の意思表示 (離すな! 編)

Spoiled deer抱きかかえた子鹿、
離そうとすると暴れる・・・

 



(2014年7月25日 投稿映像)

電線の設置のために、森の中へ入って、
木を伐採するなどして、通り道を整備していたら、
複数のイバラに絡まり、動けなくなっていた子鹿を発見

撮影者らは、イバラを切って解放してやったが、
シカは、パニックになっていた

余りにも動揺した様子に、少し落ち着かせようと、
シカを抱え上げ、脇腹を撫でてやった

すると、落ち着いた、というか、
非常にリラックスした様子で、
居眠りしそうな程、大人しいシカ

もう大丈夫かと、作業員が降ろしてやろうとすると、
騒いで暴れ、抱き直すと、落ち着く・・・

抱かれて、お腹を撫でられるのが、
すっかり気に入ってしまったようで、
何度も降ろそうとするも、そのたびに、
”いやーっ!”とでも言うような叫び声を上げ、
暴れてしまうようで・・・

しばらくして、降ろしてもらった子鹿、
撮影者らの作業現場で子犬のようについて歩いた模様

1時間程した時、丘の中程から、
撮影者達を見つめていた、大きなシカを発見

もしや、母鹿ではないかと、子鹿を丘の方へ連れて行くと、
その様子を見ていた、大きなシカ

大きなシカの方へ誘導してやると、
真っ直ぐに駆け出した、子鹿

2頭は一緒に立ち去った、とのこと

お母さん、すっかり人に慣れている子供を、
どんな気持ちで見ていたのやら・・・
(母親なら、子供を守ろうと人を攻撃したりすることもありそうなのに、
 少し離れて、ただ見ていただけだとすると、
 ”あれ、家の子に見えるんだけど、あんなに楽しそうに、
  人と遊んでいるし、人のペットなのかしら・・・?”
 などと困惑していた?)

イバラから救出され、抱きかかえられたまま降りるのを嫌がり、
1時間も撮影者らについて回って、
無事にお母さんとの再会も果たした、小鹿

[関連記事] 鹿、自分から射撃練習中の人の所へ


おしゃれでインテリアにもなる 調味料入れ SEASONING SHAKER クオリー シーズニングシェイカー (シカ)おしゃれでインテリアにもなる 調味料入れ SEASONING SHAKER クオリー シーズニングシェイカー (シカ)
()
TNE

商品詳細を見る

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
 広告
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
広告
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

Dobot

Author:Dobot

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今週の人気記事
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。