スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2台のSUV車の衝突で、子供達がワラワラ・・・

CCTV captures dramatic head-on collision2014年8月20日 15:00頃
南アフリカ、東ケープ州バッファローシティー

ビーコンハールスト通りでの事故




カーブの下り坂で、コントロールを失い、
対向車の激突した、赤のトヨタ・コンドル

(トヨタ自動車が東南アジア、インド、南アフリカ等で、
 販売していた多目的車
 インドネシアでは、キジャン(Kijang)
 マレーシアではウンセル (Unser)
 台湾とベトナムではゼイス (Zace)
 フィリピンではタマラオ・レボ (Tamaraw Revo)、
 インドではクオリス (Qualis)、
 南アフリカではコンドル (Condor)
 と国によって、名称がバラバラな車)

普通車同士の衝突事故で、負傷者”20名”
内15名が児童だった

児童の内2名が、頭部外傷や複数の骨折などを負い重傷、
他の児童は、軽傷

衝突された方の白い車には、5名が乗っており、
こちらは皆、軽傷

赤のコンドルの運転手は、頭部と左目を負傷
(この運転手を入れると、負傷者21名になるはずですが、
 ニュースでは、”負傷者20名”となっているので、
 対向車の軽傷者の内、数に入らない程の、
 かすり傷の人がいたのかもしれません)

子供達は、ムザモムヒェ(Mzamomhle)地区の住人で、
20㎞程離れた、イーストロンドン地区周辺の小学校に通っており、
5つの小学校からピックアップされ、下校途中だった

赤のコンドル、定員8名の車だが、
定員をオーバーし多数の小学生を乗せ、事故を起こし、
衝突の衝撃で、子供達が車から放り出されたため、
事故直後の現場に、小さな影が走り回る事に・・・
(放り出されたものの、幸い殆どの子供が軽傷で、
 走る事が出来たので、この光景に・・・)

赤のコンドルの運転手は、
”ビーコンベイ方向(ムザモムヒェ地区の手前の町)に向かって走行中、
 対向車の小型バンに出くわしたが、
 対向車はセンターラインを割って走行しており、
 それに驚いてコントロールを失い、衝突を避けようとしたが、
 避け切れなかった”と証言

対向車(白い車)の運転手は激怒しながら、
”対向車が突っ込んできたため、路肩まで逃げたが、
 対向車が追いかけて来た”と証言

(両者の証言が食い違っていたためか取り合えず)
警察は、赤のコンドルの運転手に、定員オーバーと、
両方のドライバーに、無謀と過失運転の容疑をかけたが、
事故は調査中で、誰も逮捕はされていない

だが、上の映像では、
白の車の方はカーブでセンターラインに寄っているものの、
センターラインを越えておらず、赤のコンドルが単独で、
コントロールを失い、対向車線に突っ込んでいるため、
白の車の方に非がない事は明らか

(近所の住人の監視カメラ(上の映像)が、 
 事故の様子を捉えていたため、
 赤のコンドルの運転手のウソが発覚・・・)

定員をオーバーして子供達を送迎中に対向車に衝突し、
大勢の子供達が車外に放り出された事故


【スヌーピー】『収納ボックス スクールバスタイプ』レッド【スヌーピー】『収納ボックス スクールバスタイプ』レッド
()
TOKIWA

商品詳細を見る

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
 広告
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
広告
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

Dobot

Author:Dobot

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今週の人気記事
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。