スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


9歳の少女、誤って射撃のインストラクターを射殺

9-year-old girl accidentally kills shooting instructor with Uzi2014年8月25日 AM 10:00頃
アメリカ、アリゾナ州ドラン・スプリングス

”自動機関銃や特殊武器の射撃が出来る”
と、ウェブサイトに売り文句を掲げている射撃場

両親と共に、射撃場を訪れた9歳の少女、
インストラクターに指導を受けつつ、
ウージー(UZI、イスラエル製の短機関銃)に挑戦

映像は、直前で切られております

(2014年8月26日 投稿映像)

少女の両親が撮影していたものと思われる映像を、
地元警察(モハーヴェ郡保安官事務所)が公開

観光でこの周辺に来ていた家族、
射撃場に立ち寄った

この射撃場では、”親または保護者同伴の場合、
 8-17歳の子供でも射撃可能”とされており、
9㎜弾(薬莢が19㎜であるため、9x19mm弾とも)の、
サブマシンガンに挑戦した少女

だが連発した際、反動で支えていた左手から銃が弾け、
銃を抱きかかえるような状態になってしまい、
銃口が、隣に立っていたインストラクターの方へ
(映像はここまで)

銃弾の1発が、インストラクターの男性、
チャールズ・ヴァッカ(Charles Vacca) 39歳
の頭部に・・・

撃たれたインストラクターは、すぐに病院に搬送
(空路でラスベガスの病院へ)

しかし、その日の夜(21:00頃)、病院で死亡

アクシデントで、インストラクターの命を奪ってしまった少女

映像の事故は、国によって見解が違ったりしますが、
誤って撃ってしまった9歳の子供の精神的なものを心配する意見や、
(人を殺してしまった罪悪感や、
 頭部を撃たれた人を目の当たりにしたショックなど)
幼い少女に自動小銃を撃たせる親や射撃場への批判、
銃に対するアメリカ全体への批判、などのコメントが多い

ただ、この射撃場経営者によると、
右利きの人が撃つ時の指導の場合、右側後方に立ち、
左利きの場合も同様(左後方に立つこと)になっているので、
何が起こったのか分からない、と話している

(本来通り、右利きの少女に対し、右側に立って指導していれば、
 少女が制御を失ったとしても、事故を避けられた可能性が高いようです)

9歳児がサブマシンガンでインストラクターを、
撃ち殺してしまったアメリカの事故


銃に恋して―武装するアメリカ市民 (集英社新書)銃に恋して―武装するアメリカ市民 (集英社新書)
(2009/02)
半沢 隆実

商品詳細を見る

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
 広告
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
広告
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

Dobot

Author:Dobot

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今週の人気記事
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。