スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


渋滞の車の間をすり抜けバイク、突然前を塞がれる

FI011037.jpg2014年6月30日
ロシア、ヤロスラヴリ(州か市かは不明)

1:10辺りからどうぞ
(事故後カメラは放置されますが、4:35辺りからバイクの様子も)


(2014年7月18日 投稿映像)

映像を見直しても、止まっていた赤のマツダ車が、
いきなりお尻を振るように、前を塞ぎ、
何が起こったのかよく分からない・・・

どうやら、対向車線を走行していたタクシーが、
居眠り運転で、赤のマツダ車に追突し、
マツダ車が押された模様

事故の結果バイクの男性は、
足の付け根付近に手術が必要な負傷を負い、
右手も骨折した、とのこと

(ただ、この映像投稿者、コメントに、
 ”彼は、手と足を負傷した”としており、
 バイクを運転していた本人ではないようです)

この映像を見た視聴者は、
車と車の間をすり抜けしていたバイクに、”違法では?”や、
”車の間を走るような真似をしなければ事故に巻き込まれる事はなかった”
など、バイクに対し厳しい意見が多い

日本の場合も、車と車の間をすり抜けるバイクが、
違法かどうかが問題となる事もありますが、
道路交通法には直接禁止する条文はない、そうです
(つまり、違法ではない事に)

しかし、別の違反を犯している事があるため、
正当であるとは言い切れない模様
(例えば、路上に引かれた白線を越えると、
 車線変更になるため、ウインカーを出さなければならない、とか、
 黄色線は、車線変更出来ない(線を越えてはいけない)、とか、
 交差点とその手前30m以内は追い越し禁止、とか、
 停止車両の横を通る時は、安全な距離を保つか、
 距離が保てない時は、徐行する、など、
 車の間を抜ける事自体は禁止されていないものの、
 他の違反に引っ掛かる可能性も・・・)
 
映像の事故の場合、(ロシアの)交通警察は、
バイクを違反とはしていないようですが、
バイクに対し、批判的な意見が多い

車間のすり抜け走行をしていて、突然、
何が起こったのか分からないような事故に巻き込まれたバイク


かっこいい! メタリック風 バイク型 目覚まし時計 オシャレな インテリア時計かっこいい! メタリック風 バイク型 目覚まし時計 オシャレな インテリア時計
()
neustadt

商品詳細を見る

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
 広告
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
広告
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

Dobot

Author:Dobot

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今週の人気記事
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。