スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


難聴の赤ちゃん、補聴器を初体験

Lachlans first hearing aids aged 7 weeks old  Our gorgeous baby boy聴覚に問題を持って生まれた幼児、
初めて補聴器に挑戦

生後7週の少年、ラクラン(Lachlan)



(2014年8月31日 投稿映像)

最初は、耳に慣れないものを付けられために嫌がってか、
泣いていたものの、すぐに泣き止み、キョトン

声を掛けられると、ニッコリ

初めて両親の声を聞き、微笑んで応える赤ちゃん・・・

映像が投稿されたのは最近ですが、
撮影されたのは、2012年7月だそうで、
現在、ラクランは2歳

(画像クリックで、この画像の他複数の画像を紹介している、Daily Mailへ)
Lachlans first hearing aids aged 7 weeks old  Our gorgeous baby boy3

両親と2人の姉に囲まれ、
2歳の誕生日を祝った時の画像のようです

生後4週で、中程度の聴覚障害が発見された少年
(”新生児聴覚スクリーニング検査”という、
 聴覚検査で見つかった模様

 中程度というと、普通の会話に不自由で、
 正面から大声で話さないと聞こえなかったり、
 大声の会話も理解できない事がある程、とのこと)

補聴器なしでは、通常の会話を聞き取ることが出来ないため、
発見が遅れていれば、言葉の発達にも大きく影響したものと思われますが、
早い内に発見され、こんなに早期から補聴器を使用したことにより、
言葉などに何の問題もなく育ち、今では、
すっかりおしゃべりで生意気な幼児、だそうです

両親は、新生児の内に聴覚障害を発見できる事に感動し、
早い内に対応出来た事に感謝している、とのこと

赤ちゃんなので、初めて補聴器をつけ、
聞こえなかったものが聞こえる事で、逆に怖がったり、
困惑し不安がったりする事もあるかと思いますが、笑顔で答えた、
普通にやんちゃに成長中な聴覚障害の少年の、
補聴器初体験の時の映像


耳トレ!-こちら難聴・耳鳴り外来です。耳トレ!-こちら難聴・耳鳴り外来です。
(2011/10/03)
中川雅文

商品詳細を見る

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
 広告
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
広告
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

Dobot

Author:Dobot

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今週の人気記事
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。