スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マンションの路地に飛び出した少年、撥ねられる

Наезд на ребенка во дворе дома2014年9月4日 13:00頃
ロシア、ヴォログダ州ヴォログダ

マンションの通路のような、コネヴァ通り


0:30辺りから
(撮影者の声が大きめです、音量にご注意下さい)


通路脇には路上駐車の車が並び、
すれ違いもままならない、マンション脇の狭い路地

対向車のフォードとの擦れ違いのため、
広めの所で待っていた撮影者

だが、対向車のフォードの前に少年が飛び出し、
フォード車は少年を撥ね、止まる様子がなかったため、
少し車を動かして、フォードの行く手を塞いだ・・・

フォードに撥ねられた少年、道路に倒れてタイヤに轢かれた後、
そのまま(3m程)引き摺られ、停止したフォード車の下敷きになっていた

周囲の人達が車を持ち上げるなどして、少年を救出、
すぐに救急車が呼ばれ、病院に搬送されたが、
被害者の7歳の少年は、頭部を開放骨折し、
両足も骨折して出血も多く、重体
(その後(5日夜のニュースで)も、
 人工呼吸器を使用している昏睡状態で、
 集中治療室での治療が続けられており危険な状態、とのこと)

少年はこの時、祖母と学校からの帰宅途中で、
祖母もすぐ傍にいたようです

フォードを運転していた女性は、
リュドミラ・カーションツヴァ
(Людмила Кашинцева) 37歳

飛び出した子供に、パニックになり、
ブレーキとアクセルを踏み間違えた、とのこと
(アルコール検査も行われたようですが、
 アルコールは検出されていない)

物陰からの子供の飛び出し事故ですが、
フォードの運転手が、子供に気付いてすぐブレーキを踏んでいれば、
速度もかなり低速だったため、間に合わず撥ねたとしても、
子供は転ぶ程度で済んだものと見られ、
間違えてアクセルを踏み、轢いてしまった事で、
重傷になってしまったものと思われますが・・・

(パニックになって踏み間違えた運転手が女性だったため、
 女性ドライバー全体に対し批判的な意見もありますが、
 物陰から飛び出した場合は歩行者側の非となり、
 幼い子供の飛び出しの場合は保護者の責任が重くなるロシアでは、
 保護者に厳しく、運転手を庇う意見も多い) 

物陰から飛び出し轢かれてしまった、7歳の少年


イラスト版子どもの事故予防―子どもを守る46の生活の知恵イラスト版子どもの事故予防―子どもを守る46の生活の知恵
(2001/07)
不明

商品詳細を見る

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
 広告
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
広告
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

Dobot

Author:Dobot

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今週の人気記事
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。