スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


車椅子の高齢者が、撥ねられた振り

В Набережных Челнах инвалид-колясочник провоцирует ДТПロシアのタタールスタン共和国、
ナーベレジヌイェ・チェルヌイ

 



(2014年9月19日 投稿映像)

大通りの横断歩道で、車道に出て止まっていた、
車椅子の高齢の男性

大通りの車らは激しく行き交い、渡るに渡れず、
段差や緩やかに坂になっているため、戻るに戻れず、
のように見える車椅子の男性

1人の男性が、車椅子の男性の元へ行き、
親切に安全帯まで引き戻したが、
何故かその男性に怒る車椅子の男性

車椅子を安全帯へ戻した男性は、
とっとと横断歩道を渡って行ってしまい、
車椅子の男性はその男性を追う様に、また車道に出てしまった

だが車道の真ん中で途中で停止し、車が動き出すと自分も動き出し、
丁度通りかかった車に、当たったかどうかも怪しい状態で、
大声で騒ぎ出した・・・

ここ?

大きな地図で見る

(映像には、”Центральная”駅と”Универсам”駅の、
 間の横断歩道とされており、通り名もなく、
 バス停なのか路面電車等の駅名なのかも分からず、
 グーグルマップには駅名まではないので、
 映像から判断しただけですが・・・)

この通りは片側3車線、更に側道や路面電車の線路もある通りで、
交差点は余りなく、交差路からは側道から合流するようになっている大通り

そのためもあってか横断歩道は所々にあり、ストリートビューのように、
取って付けたような赤信号だけの、歩行者信号がある模様
(最初に車椅子の男性を引き上げた男性が渡った時、
 カッコーみたいな音が鳴っていたので、この信号が赤になり、
 車も止まったものと・・・)

一応ちゃんと歩行者用信号がある横断歩道なので、
車らは信号が変わらない限り、横断歩道に人がいても止まらず

それを、信号など知った事かと、車道に出る車椅子の男性

この車椅子の男性、
”衝突した振りして生計を稼いでいる”と紹介している所も・・・

絡まれた車の運転手は、どこかへ電話を掛けていたため、
警察へ通報したものと思われ、この場合撮影していた人がいるので、
問題はなかったものと思われますが、
高齢である上車椅子という弱者を利用した詐欺的なものなら、
とんでもなく質が悪い・・・

事故を装う、車椅子の高齢者


詐欺と詐称の大百科詐欺と詐称の大百科
(2014/08/22)
イアン・グレイハム

商品詳細を見る

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
 広告
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
広告
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

Dobot

Author:Dobot

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今週の人気記事
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。