スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


救急車出動、ブラジルの場合

The difficult task of driving an ambulanceブラジル、サンタカタリーナ州、
フロリアノーポリスの救急車

救急車の車載カメラ




高速道路での事故に、出動した救急車

ブラジルの人達、狭い一般道では反応鈍く、
高速道路では、殆ど無視・・・

この事故の被害者は、重度の頭部損傷、気胸、
(胸腔内で気体が肺を圧迫し、肺が外気を取り込めなくなった状態)
左足も骨折という重体で、現場で応急処置後(胸から気体を抜いて)
病院へ搬送された、とのこと

こちらは、ドイツの救急車の出動映像


こちらも、高速道路事故に対応して、
出動した救急車の映像ですが、
事故で渋滞し、大量の車が身動きできず、
立ち往生している状態にも関わらず、
救急車のための道を開ける、ドイツの運転手達

この映像で、”ドイツのドライバーは素晴らしい”とも、
”うちの国でも同じ”、”当たり前の光景では?”とも言われ、
世界中で話題となったが、
この映像を見たブラジル人が、
”here in brazil they make their best to try and block the ambulance,
 atleast in the city i used to live...
 loL i'm jealous”とコメント

ブラジルでは、救急車をブロック?

このドイツの映像を見た方が、”救急車運行の違い”
として上のブラジルの映像を投稿したようです

視聴者のコメントのように、
意図的にブロックするような事まではなさそうですが、
救急車に遭遇しても、”ウルサイ車”位の感覚らしいブラジル

では日本は・・・
救急車の車載カメラの映像は見つかりませんでしたが、
たまたま渋滞に嵌ってしまっている時に、
救急車に遭遇した方の車載カメラ

(2013年5月9日 投稿映像)

一般道路で渋滞中、救急車のサイレン、
音は聞こえど姿が中々見えないため、
どこから来るのか、別の通りなのかも判断できず、
対応に困るドライバー達

だが、姿が見え始めると、
道路脇には路肩などの逃げ場もないが、
渋滞中の車がちゃんと1車線開けました

(ちなみに、日本の救急車にあるアナウンスは、
 海外にはなく、”言葉遣いも丁寧”と、
 他の国の人達から感動される事も・・・)

国が違えど、救急車に道を開けるのは当たり前、
だと思い込んではいけないようで、
それが通用しない国もある、救急車から見る、お国柄


[くるまの救急箱] キュアメイトティンカー 救急車/ホワイト G-2361A[くるまの救急箱] キュアメイトティンカー 救急車/ホワイト G-2361A
(2014/10/06)
ヂャンティ商会

商品詳細を見る

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
 広告
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
広告
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

Dobot

Author:Dobot

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今週の人気記事
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。