スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


警察署前の駐車車両に激突した車

После аварии возле участка милиции началась драка2014年11月10日 15:50頃
ベラルーシの首都ミンスク、フルンゼンスキー地区

フルンゼンスキー地区警察署前




パトカーなども多数止まっていた警察署前の通りを、
かなりの速度で走っていたと見られる赤のマツダ車

道路脇に停止していた、ラーダ・プリオラに激突

衝突の衝撃でラーダ車は、
前に止まっていた警察車両に追突

マツダ車は更に、前を走っていた、
BMWにも追突して停止

追突されたBMWは前にいた、
吉利(中国の自動車メーカー)車に衝突し、
合計5台が絡む事故となった

(ニュースでは、道路脇に停止していて最初に追突されたのはBMWで、
 前を走っていたのはラーダ・プリオラ(警察車両)と、
 BMWとラーダ車を逆に伝えておりますが、
 この画像を見ると最初に追突されたのはラーダかと)
После аварии возле участка милиции началась драка3

警察署員らは、慌ててマツダ車に駆け寄った
(停止したマツダ車から、煙が上がったため、
 車の乗員の救出に向かったものと思われる)

だが、マツダ車を運転していた1986年生まれ(28歳)の男性と、
助手席の男性は、警察に悪態をつくなどして暴れ、
警察から逃走しようとして、2人共その場で身柄を拘束された

この事故での負傷者は2名

マツダ車の運転手の健康診断の結果は金曜日(11月14日)に発表、
とされており、飲酒の有無などはまだ明確になっていない

だが、マツダ車からは薬物らしき束が発見され、
確認の結果、α-PVPや合成カンナビノイドと判明
(α-PVPは、覚せい剤の1種や、覚せい剤モドキとも言われている、
 麻薬に指定されているもの
 カンナビノイドは、大麻に含まれる化学物質、どちらも薬物)

それらを”束”で発見されているため、
麻薬の売人と見て、捜査が進められている模様

マツダ車の運転手、駐車車両に激突後、
現場から逃走しようとして前を走っていた車に追突、
それでも更に車で逃走しようとしたが、
車が走行不能になって止まったようです

事故後のマツダ車
(画像クリックで、この画像と上の画像の他2枚の画像を、
 載せているニュースへ)
После аварии возле участка милиции началась драка2

警察署前で駐車車両らに激突してパトカーなどを壊し、
逃走を図るも車の方がギブアップして逃げ切れず、
車内から薬物が多数見つかった運転手


不思議の国ベラルーシ―ナショナリズムから遠く離れて不思議の国ベラルーシ―ナショナリズムから遠く離れて
(2004/03/25)
服部 倫卓

商品詳細を見る

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
 広告
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
広告
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

Dobot

Author:Dobot

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今週の人気記事
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。