スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バイクで逃げた強盗、被害者の車に撥ねられる

Napoli - VIDEO SHOCK dei baby rapinatori inseguiti e uccisi dalla Smart2013年8月10日 AM 2:30頃
イタリア、カンパニア州ナポリ、ポジッリポ地区

ポジッリポ通り


監視カメラの映像のみ

(2013年9月5日 投稿映像)

監視カメラと明るくなってからの現場の様子

(2013年9月5日 投稿映像)

深夜、スマートカーでガールフレンドと共にいた、
レオナルド・ミルティ(Leonardo Mirti) 1983年生まれ
(事故当時、29歳とも30歳とも)

バイクに乗った2人組の男らに銃を突き付けられ、
金と携帯電話を盗まれた

強盗らはバイクで逃走

その後、被害に遭った男性が強盗を車で撥ねた・・・

撥ねられた強盗犯は、
Emanuele Scarallo 17歳(16歳とも)と、
Alessandro Riccio. 18歳

2人共ヘルメットをきちんと身に付けてはいたが、
衝撃が激しく、現場で死亡

地元では当日、事故後の現場映像と共に伝えられ、
それから1カ月程経った、2013年9月5日に、
監視カメラの映像が公開され、再度ニュースで取り上げられた

だが、強盗被害に遭った男性が、
金や携帯を奪われた事に怒って(報復のために)、
犯人らを追跡し、意図的に撥ねたのでは?と問題に・・・

(事件当時は過失致死として、撥ねた男性は、
 自宅軟禁下に置かれていたものの、
 撥ねられた被害者(強盗犯)の1人であるScaralloの兄らが、
 ニュースなどのインタビューで、
 ”18歳以下の少年が、携帯電話を奪った事で、
  殺される(命を奪われる)理由にはならない”、
 ”殺された!”と撥ねた男性を強く非難)

この事件の裁判が行われたようで、
撥ねた男性側は、過失致死を主張
(銃で脅され強盗被害に遭った後、”偶然”犯人らに遭遇して動揺し、
 運転操作を誤った事故、と説明した模様)

2014年11月10日頃、裁判で下された判決は、
”殺人罪として10年の実刑”

裁判官は、
車のヘッドライトを消して近付き、
バイクの少年らを避けるために減速などをした兆候もない事から、
死ぬ危険性もある事を認識しながら、
武器として車を使用した(意図的に撥ねた)、と説明、とのこと

亡くなったのは、18歳以下の少年達ではあるものの、
銃を使って強盗を行った強盗犯

銃で襲われ金品を奪われたものの、
強盗らを車で撥ね、殺人犯となった男性


感情的にならない本 (WIDE SHINSHO203) (ワイド新書) (新講社ワイド新書)感情的にならない本 (WIDE SHINSHO203) (ワイド新書) (新講社ワイド新書)
(2013/11/22)
和田 秀樹

商品詳細を見る

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
 広告
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
広告
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

Dobot

Author:Dobot

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今週の人気記事
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。