スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


牧場のラクダに、襲われた女性

На жительницу Казани напал верблюд2014年5月10日
ロシア、タタールスタン共和国カザン

ラクダ牧場”Laidoya”に、
家族でやってきた観光客


(2014年12月11日 投稿映像)

イリナ・ツァレフスカヤ
(Ирина Царевская) 51歳

動物好きの女性は、姉妹と息子(撮影者)と、
3歳の孫娘と共に、ラクダファームへのツアーに参加

200ルーブル(約410円)を払い、
バナナやパンやリンゴなど、ラクダに与える餌も購入

順番に牧場内を見て回り、3つ目の柵にいた時の事

イリナがラクダに餌を与え、その様子を息子が撮影、
一緒にいた牧場の職員に、ラクダは噛み付く?と尋ねると、
噛み付いたりしない、と答える職員

そんなやり取りしながら、見物していると、
ラクダの伸ばした首に押されて、柵が壊れ落ち、
ヴゥルカーン(Вулкан)という名のラクダが柵から出てきた

咄嗟に離れた撮影者、だがラクダの傍にいた女性
(撮影者の母親)は、ラクダに腕を噛み付かれ、
放り出されるように引き倒されて、ラクダに踏みつけられた・・・

こちらはニュース(女性の負傷の画像を含む)


(画像クリックでこの他の画像も紹介している、
 カザンのイブニングニュースのページへ)
На жительницу Казани напал верблюд2

女性は、腕に咬傷や全身に打撲などを負い、
両鎖骨を骨折、鎖骨はプレートを埋め込み固定された
(鎖骨のプレートは、2015年5月に除去手術の予定)

ラクダに襲われた女性は退院後も、怪我のため、
身の回りの事も出来ない状況で、家政婦を雇わなければならず、
夏の間は仕事も出来なかった、として、
精神的なものも含む損害補償を求め、
牧場の所有者を訴える、とのこと

女性が訴えを起こした事で、地元カザンでニュースとして、
12月12日に取り上げられ、最近になって話題となった模様

被害者は事件当初警察にも訴えたが、警察は、
”(調査を行ったが)農場での負傷に関し犯罪性が見当たらない”との回答
(刑事事件ではなく民事なので警察の管轄外、と言う意味かと・・・・)

地元のニュース記者は、ラクダ牧場へも取材に行ったようですが、
事故時に現場にいた牧場スタッフは、
”他の苦情があった”として既に辞めており、話は聞けず

取材した牧場の所有者によると、
”動物に食べ物を与える事は禁止されている”と話しており、
牧場内には、”ラクダが唾を吐いたり、噛み付く事があります”
という警告の看板もあった
(壊れた柵はとっくに修復済みだった)

この牧場のサイトには、
”牧場の規定に違反し事故や怪我を負った場合は、責任を負いません”
とも記されている、とのこと

(ただ事件から既に7ヶ月が経っており、
 牧場内の看板やサイトの注意書きがいつ追加されたのかは不明)

被害者が訴えを起こす事に関し、農場所有者は、
被害者に謝罪し十分な治療費の保障なども行っているが、
相手はそれ以上の多額な要求をしており、合意に達していない

動物への給餌禁止を無視して、更に、
(女性を襲ったラクダは繁殖期だったそうで)
繁殖期の危険なラクダの柵の至近距離に近付いたために事故になった、
として被害者側の過失だと主張

しかし、被害者らは牧場で”餌付け用の餌”を購入しており、
被害者らが牧場へ行った時は、
ラクダに食べ物を与える事が出来る状態で、
牧場主が”危険なラクダ”と言っているラクダの周りにも、
特に注意書きがあるわけでも障害物があるわけでもなかった、と主張

映像では少なくとも一緒にいた牧場職員が、
”繁殖期だから危険”と近付く事を警告している様子はなく、
餌をやっている事に対しても全くとがめている様子もない・・・

ラクダ牧場のあっさり壊れた柵から、
繁殖期で興奮気味だったラクダが外に出て、
観光客を襲い、大怪我を負わせた出来事


ダグラス社 動物のぬいぐるみ キャメルダグラス社 動物のぬいぐるみ キャメル
()
ケイ・ジェイ・アイ・コーポレーション

商品詳細を見る

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
 広告
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
広告
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

Dobot

Author:Dobot

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今週の人気記事
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。