スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


机の角に喉をぶつけ、窒息死した男子生徒

Смертельные издевательства над студентом колледжа попали на видео2014年12月23日 午後
ロシア、モスクワ

モスクワ北部にあるポリテニック大学
(工科、技術専門学校)



1997年生まれ(17歳)の、
セルゲイ・S(Сергей Ш)

手足などをテープでグルグル巻きにして、
トイレからジャンプして廊下を移動し、教室へ戻り、
教室へ入ってからバランスを崩して、
教師が座っていた机の角に、喉から転落

ずっとセルゲイに付いていた生徒が、
転んだセルゲイを起こし、
全身に巻かれていたテープを外したが、
喘鳴(ぜいぜい、ひゅうひゅうという呼吸音)を上げており、
異変に気付いた教師が助けを求めるために走った

だがセルゲイは、舌骨を骨折しており、窒息して死亡
(舌骨は首と顔の付け根付近にある骨
 ・・・【Google画像検索 - 舌骨】

教室内で大勢の生徒の前で起こった事故は、
(ロシアでは)その日の内に、”大学でゲーム中に生徒が死亡”
と伝えられた

全身テープでグルグル巻きだったセルゲイ、
生徒達は、”ゲームしていた”と話し、
その場に居合わせていた教師も、
”生徒達の悪ふざけ”だと思っていたとしているが、
実はイジメだった事が発覚

(セルゲイ本人が望んでテープを巻いたのではなく、
 トイレに連れ込まれ、無理矢理グルグル巻きにされ、
 教室へ行くよう強要されていた模様)

セルゲイが教室に戻った際、教室にいた生徒達らも、
ふざけていると思い、転んだ後も笑って見ていて、
誰も助けようとせず
(直後本人は無言で、助けを求めたわけでなかったため、
 異変に気付かず)

しかし意識を失って倒れた・・・
(傍にいた生徒に助け起こされた時には、
 自分の足で立っているので、椅子に座った後、
 意識を失ったものと思われます)

舌骨が骨折し気管を圧迫しただけでなく、
嘔吐物が詰まり窒息したそうで、
専門の知識がある人が傍にいれば、
助かったものと見られているが、
出血などない外からは分かり難い状況のため、
知識がないと難しいと、法医学の専門家は話している
(現場では一瞬の出来事のため、
 どこをぶつけたのかもよく分からない・・・)

現在は警察は、”過失致死”として調べを進めている、とのこと

学校でイジメられテープでグルグル巻きにされ、
教室で転倒して死亡した、17歳の少年

 
良心をもたない人たち (草思社文庫)良心をもたない人たち (草思社文庫)
(2012/10/04)
マーサ スタウト

商品詳細を見る

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
 広告
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
広告
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

Dobot

Author:Dobot

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今週の人気記事
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。