スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


空港の金属探知ゲートを全裸で通過した男性

Парень полностью разделся во время досмотра в Пулково2015年2月11日頃 AM 8:00過ぎ
ロシア、サンクトペテルブルク市プルコヴォ空港

サンクトペテルブルク市内にある国際空港




ゲートを通ろうとして、探知機が反応したため、
警備員が”ベルトを外せ!”と言うも、男性はそれを拒否

押し問答の末、男性は下着まで全て脱ぎ、
トレーに放り込んで、全裸でゲートを潜った・・・

(ニュースとなったのは2月14日頃、
 オリジナルがYouTubeに投稿されたのは2月11日、
 (オリジナルはすぐに削除された)
 ですが何月何日の出来事かは不明)

服を脱いだ男性は、
ゲオルギー・ミァキンキン(Георгий Мякинкин) 31歳

この空港内のクリーニング機器の技術者として勤めている男性

朝8時、夜間勤務を終えて自宅へ帰ろうとした男性、
だが途中でアパートの鍵を事務所に忘れてきた事に気付き、
再び空港に戻ってきた

事務所へ鍵を取りに行こうとしたものの、
既に空港のシフト(作業時間)が変わっていたため、
警備員(空港警察官)らや周辺の職員に顔見知りはおらず、
検査を通れと要求された、男性

職員である事を説明しても、”帰った事になっている”、
として受け付けてもらえず・・・

更にゲートを通ると探知機が反応し、
ベルトを取れ!と命じられた

男性はこの時サイズの合わないジーンズを履いたため、
ベルトを外す事を拒否
(ダブダブのジーンズだったため、ベルトを外すと、
 スボンが落ちると言う状況かと思われます)

なら立ち去れ!と警備員に言われた男性

アパートの鍵がないため、帰るに帰れない、
以前から警備員にこのような強要をされる事に、
不服を持っていた男性は、全部脱いで通過・・・
(ベルトを外すのはズボンを脱げと言われているのも同じ、
 と受け止めたのか、抗議のために下着まで脱いだ模様)

その後男性は、”自分の権利が侵害された”として、
警備員(警察)に賠償を求め訴えた

(現場にいた警察官に対しても、ですが、
 この監視カメラの映像を撮影してネット上に公開した、
 警備員と考えられる人に対しても)

この映像を撮影し投稿し公開した人を特定するため、
内部調査が行われているが、まだ見つかっていないようです

(現場で警備に当たっていた空港”警察官”らが、
 下着を降ろそうと上着を脱ぎ捨てようと、全く反応せず見物し、
 職員らが誰も止めようともしていない事も疑問・・・
 警官が公然わいせつ幇助?)

金属探知ゲートを全裸で通過すると言う形で、
抗議を行った空港職員


誰もが気になっていた空港の大疑問 (KAWADE夢文庫)誰もが気になっていた空港の大疑問 (KAWADE夢文庫)
(2013/03/16)
謎解きゼミナール

商品詳細を見る

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
 広告
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
広告
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

Dobot

Author:Dobot

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今週の人気記事
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。