スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


非番の警官、横断歩道で歩行者を撥ねる

Прокопьевск 14 февраля 20152015年2月14日
ロシア、ケメロヴォ州プロコピエフスク

2:50辺りからどうぞ



(2015年2月17日 投稿映像)

通りに合流しようとした撮影者、
横断歩道に歩行者のためか、
通りを走って来た車がいたためか、
通り際の歩行者の目前で、一旦停止

撮影者の傍にいた歩行者は、
撮影者が停止し、対向車がいなかったため、
道路に飛び出したが、通りを走って来たラーダ車に、
大きく撥ね飛ばされた・・・

カメラの位置が、乗用車より高いため、
撮影者の車はトラックのような車両かと思われ、
歩行者、ラーダ双方からは、撮影者の車の陰になり、
死角になっていたものと思われます

事故当初は殆どニュースにならなかった事故

この地区では、同日(2月14日夕方)、学校帰りの9歳の少女が、
信号機のない横断歩道で、撥ねられ負傷した事故があり、
子供の服装が暗い色で、反射性のあるものもなかったため、
反射性があるものを付けるよう警告もされる形で、
ニュースではそちらを取り上げられた模様

そのニュースに、ついでのように、
”歩行者が関与する別の事故が、
 プロコピエフスクで(少女の事故の)30分程前に発生、
 横断歩道外を横断していた歩行者を、
 ラーダ(VAZ-21093)が撥ね、歩行者は負傷”
と2行程で短く伝えている所があるのみ
(日付や町も一致しており、ラーダ車が歩行者を撥ねた事故なので、
 映像の事故の事かとは思われますが、横断歩道”外”?)

上の映像が出回ったのは、事故から3日後

その後、映像で撥ねられた30歳の男性が、
事故から10日後の2月24日、病院で死亡

撥ねたラーダ車の運転手が、非番で自家用車を運転していた、
34歳の交通警察官だった事も判明し、2月25日改めて、
”警官が横断歩道の歩行者を撥ねて死なせた事故”
として、ニュースに・・・

事故後の様子も映っている長い映像となっているため、
事故後の撥ねた運転手(交通警官)の対応も問題視されている
(撥ねた運転手は、しばらくしてから、
 何処かへ電話している様子が映っているが、
 ラーダの運転手も同乗者も、すぐには通報せず、
 目撃者の通報で救急車が来たようです)

事故当初、非常に短く伝えられているニュースがあるのみで、
映像の事故の事かどうかも定かではないが、
”横断歩道外”となっているため、当初撥ねた警官は、
”歩道ではない所を渡った歩行者を撥ねた”と証言し、
後日、上の映像が出回り、言い逃れできなくなった?

撮影者の車の陰になってしまい、車からも歩行者からも、
お互いを確認出来なかったものと思われますが、
(ロシアでは、物陰からの飛び出しの場合、歩行者側の過失が問われ、
 横断歩道であろうと、安全確認せず飛び出した歩行者に対し、
 厳しい意見もありますが)
非番の交通警察官が、信号のない横断歩道の歩行者を撥ね、
死なせてしまった事故


トラフィックサイン 【USE→ CROSSWALK】(横断歩道使え→) アメリカの道路標識トラフィックサイン 【USE→ CROSSWALK】(横断歩道使え→) アメリカの道路標識
()
不明

商品詳細を見る

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
 広告
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
広告
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

Dobot

Author:Dobot

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今週の人気記事
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。