スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


病院の6階から男性が転落

Побег из Сыктывкарской Больницы2015年3月3日 朝
ロシア、コミ共和国の首都スィクティフカル

病院の6階の窓の外に、
ぶら下がっている男性


(2015年3月3日 投稿映像)

包帯のみの裸でぶら下がっている男性・・・

窓の外にぶら下がっていたのは、
入院患者の50歳(51歳とも)の男性

病室のベッドを登って窓から外に出て、飛び降りようとし、
気付いた医師が咄嗟に掴み、飛び降りを阻止

男性は、大きな声で叫んでいたため、
騒ぎに気付いて8人程の人が現場で見ており、
目撃者によると、この映像は最後の40秒ほどで、
4-5分間程、ぶら下がった状態が続いていた

この病院の窓は、向かって左側の狭い部分しか、
窓が開かないようで、その窓から身を乗り出した男を、
病室にいた1人の男性が捕まえたものの、1人では支えきれず、
すぐに他の医師らも駆け付け、医師らは開かない窓を割って、
患者を掴み、必死で室内に引き上げようとしていた

衣類を着用していないため、掴む物がなくて、
助け上げるのも難しそうですが、更に、
男性が抵抗して暴れ続けたため、
掴まえていた人達の手をすり抜けて転落

転落した男性はすぐに集中治療室へ搬送され、
治療が行われたが、30分後死亡
(積雪があったため、即死は免れたようですが・・・)

男性は飛び降り自殺、と見られている

この男性、消化器系に問題があって手術を受け、
”術後意識が回復し、集中治療室に移された時”とも、
”集中治療室に入院していたが、一般病棟に移った後”
ともされている術後の入院患者だった

ただ”精神病も持っていた”とのこと
(病気を苦に思いつめていたのか、
 元々精神的な問題を抱えていたのかは不明ですが、
 ”ベッドに固定されていた”という話もあるので、
 精神的な方の問題は結構重症だったものと思われ、
 精神病棟ではない、外科病棟での術後の病室移動で、
 一旦拘束を解かれた隙を突き、窓の外へ出た?)

人の命を救おうと努力している医療関係者や、
病気と闘っている患者らがいる病院と言う場所で、
窓から飛び降り自殺を図り、一旦は掴む事も出来たが、
転落して命を落とした男性患者


死ぬときに後悔すること25死ぬときに後悔すること25
(2009/05)
大津 秀一

商品詳細を見る

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
 広告
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
広告
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

Dobot

Author:Dobot

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今週の人気記事
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。