スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


雛、迷子で彷徨っていた所を救出される

Rescued baby bird returned to parents2015年3月23日
アメリカ、南カリフォルニア

 



(2015年3月23日 投稿映像)

撮影者、タバコ休憩に会社の外へ出ると、
駐車場脇の草むらの中から、ヒナの声・・・

探してみると、塩ビパイプの中に、
フタオビチドリの赤ちゃんを発見
(フタオビチドリは、チドリ目チドリ科チドリ属の鳥)

救出して手に乗せると元気に鳴くヒナ

周辺でヒナを探しているかのような、
走り回っている両親らしい鳥達も見つかり、
手から降ろしてやると、
真っ直ぐ親達の元へ駆けて行くヒナ・・・

無事に両親の元へと帰りました

チドリの飛翔力は強く、渡りを行う種も多いが、
発達した後肢により地表を素早く走行することもできる、
動物食で地表で昆虫などを食べて徘徊、
また獲物をついばみ徘徊を繰り返すようで、
(飛ぶのは得意だが)地表に窪みを掘っただけの巣を作る

(ヒナは、地表の巣から出て歩き回っていて、
 落ちていたパイプに迷い込んだようなので、
 木の上の巣から転落したわけでもないため、
 怪我もなかったものと思われますが、
 どんな動物も、よちよち歩き出した子供は、
 親にとっては大変なようです)

撮影者、その後30分程して駐車場に戻ってみると、
まるで感謝の言葉を言っているかのような鳥達に、
再び会えた、とのこと

無事両親と再会出来た、
パイプに入り込んでしまっていた迷子ヒナ


KIHARA Mamezara 波千鳥 9773KIHARA Mamezara 波千鳥 9773
()
KIHARA(キハラ)

商品詳細を見る

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
 広告
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
広告
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

Dobot

Author:Dobot

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今週の人気記事
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。