スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


高速道路で急ブレーキを踏んだ車に後続トラックが追突

04281619 15732015年4月28日 16:20頃
台湾、国道3号(高速道路)

1:30辺りからどうぞ
(撮影者の斜め前、左隣車線を走るシルバーのBMWにご注目)


(2015年4月28日 投稿映像)

片側4車線ある高速道路の、
右から2車線目を走っていたシルバーのBMW

撮影者の前を走っていたトラックをやんわりと追い抜くように、
オレンジのトラックと並走していたが、突然急ブレーキを掛けて、
停止するほどの勢いで一気に速度を落とした

BMWの後ろを走っていたトラックは対応し切れず追突し、
更にその後ろを走っていたトラックもブレーキが間に合わず、
ハンドルを切って逃げたが接触

BMWはトラックに追突されて180度方向転換し後部が大きく凹んだものの、
追突した2台のトラックも含め3台の車には全部で6人の乗員がいたが、
負傷者はなかった

高速道路で突然急ブレーキを踏んだBMW、
特に後続トラックとの間でトラブルがあった様子もないため、
意図的な嫌がらせの類のように見えず、
落下物があったなどの危険回避のためだったとも考えられますが、
路上に危険もなかった

警察は、追突した後続トラックの安全な車間距離の不保持として、
トラック側の違反を取った

後続車の車載カメラ(上の映像)から、BMWが急ブレーキを踏んだのは明らかで、
その辺りを問い合わせた所警察は、
”BMWの運転手は、隣車線にいたトラックに緊張してブレーキを踏んだ、
 約80㎞/hで走行していた後続トラックは、
 60m以上の車間が必要だが、僅か40m程しかなく、
 後続のトラックが決められた安全距離を取っていれば、
 事故は回避できた、と判断した”、とのこと

(日本では、”道路交通法、第二十六条
  車両等は、同一の進路を進行している他の車両等の直後を進行するときは、
  その直前の車両等が急に停止したときにおいても、
  これに追突するのを避けることができるため必要な距離を、
  これから保たなければならない。”とされているだけで、
 具体的な距離は定められておらず、目安として高速道路では、
 速度と同じ距離、100㎞/hなら100mとされておりますが、
 台湾では乗用車の場合、
 走行速度の半分(単位はm)が、最低車間距離で、
 80㎞/hで走行する場合は、最低40m以上、トラックの場合は速度の3/4?
 と決まっているようです)

左ハンドルのBMW、運転席側の左隣車線を青いトラックが追い越した時には、
左車線に寄った位置を、普通に走行していたが、
右車線に並走していたオレンジのトラックにはビビッて、
運転手の男性がブレーキ踏んだ、ということらしい

BMWに追突したトラック運転手には、安全な車間距離を守らなかったとして、
3000元-6000元(約12000円-約23000円)の罰金が科せられると見られている

ニュースはこんな感じ


視聴者からは、高速道路での危険運転、
保険金詐欺(当たり屋)では? とも言われているが、
BMWの運転手ではなく、後続トラックの交通違反とした警察の判断に、
疑問・批判の声も多い

(今後、詐欺(当たり屋)や、意図的な嫌がらせの類の危険運転が、
 横行すると不安がる市民・・・)

特に理由もなく高速道路で急ブレーキを踏むような危険運転し、
後続トラックに追突されるも、お咎めなしなBMW

[関連記事] 信号待ちのバイク8台を撥ね飛ばした車


台湾人には、ご用心!台湾人には、ご用心!
(2011/09/21)
酒井 亨

商品詳細を見る

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
 広告
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
広告
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

Dobot

Author:Dobot

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今週の人気記事
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。