スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アライグマ、どこ? もういない?

Rebekah Raccoon and Mark Coonrippy Brown July 2013赤ちゃんアライグマ、リベカ(Rebekah)
【アライグマ、どこ?】 の続編的な話

 



(2014年1月30日 投稿映像)

お父さんとシャワーしてた頃のリベカの映像

スクスク成長していた赤ちゃんアライグマ、
あれから随分経ち、すっかり大きくなっているのかと思いきや・・・

シャワー映像の後、テネシー州野生生物資源省
(TWRA、Tennessee Wildlife Resources Agency)が、
飼い主の男性の、マーク・ブラウン(Mark Brown) 55歳
から、アライグマを取り上げた

シャワー映像が非常に話題になったアライグマ、だがその騒ぎで、
野生動物であるアライグマの飼育を不安視した近所の住人が、
苦情を申し立てた事により、州が取り上げてしまった
(野生動物飼育には許可証が必要なようですが持っておらず)

以前飼っていたアライグマを亡くし、
生まれて間もない赤ちゃんアライグマにミルクを与え、
こよなく愛して育てていた男性
(以前飼っていたアライグマ映像も話題になっていたため、
 近所の高校生が自宅で赤ちゃんアライグマを発見した時、
 男性に連絡し、リベカを育てる事になったようです)

突然リベカを取り上げられ、何とか取り戻そうと、
様々な努力をするも相手にされず、
連れて行った野生動物資源省へ手紙を書いても、返事はもらえず

6万人の署名を集め知事に請願書を出したが見てももらえず・・・
挙句、アライグマを取り戻すために、
テネシー州知事に立候補したりもしたようです

リベカに会わせてももらえず、
野生動物資源省にリベカの様子などを問い合わせると、
・リベカは州大使に選ばれた
・2013年10月に放される(野生に返される)事になる
・2013年11月に野生に放された
・”Walden's Puddle”(テネシー州の野生動物のリハビリなどを行う施設)
  で暮らしている
・Walden's Puddleに問い合わせた所、リベカの事を応えられず・・・

可愛がっていたペットを連れて行かれ、
問い合わせてみても野生動物資源省の話は2転3転

必死で取り戻そうとしていたが、調べてみると、
リベカは連れて行かれて間もなく、
2013年9月には安楽死させられていた、そうです
(野生動物資源省側は殺した事を認めておらず、
 相変わらず曖昧な返答なようですが・・・)

【アライグマ、どこ?】
というタイトルを付けて紹介した、リベカの映像

その後、州の機関に連れ去られて、
本当に、”リベカは、何処?”言う状況になり、
会いたくて、連れ戻したくて、必死で頑張り、
知事にまで立候補しようとしていた男性だが、
リベカは、もう何処にもいなくなっていた・・・? 連れ去られてすぐに?
野生動物資源省が動物を安楽死させた?

当人達の気持ちは計り知れない・・・

それから・・・

(2014年10月22日 投稿映像)

近所に住む野生のアライグマが、
夜な夜な遊びにくるように・・・

野性のアライグマは、狂犬病などの感染症を持っている事もあるため、
直接触れてはいけないのですが、
リベカの事があり、深く傷付いた投稿者達にとっては、
気持ちを和ませる、特別ゲストのようです

2015年4月下旬の投稿者のコメントによると、
その後もこのアライグマは顔を出している、そうです

知事に立候補したマークさん、前回はダメだったものの、 
2018年に再度立候補する予定、とのこと
(野生動物資源省は安楽死させた事を正式には認めてはいないため、
 一縷の望みをかけて?)

本当にいなくなってしまった、アライグマのリベカ

[関連記事] アライグマよけ、スプレー


木登りアライグマ(11867)木登りアライグマ(11867)
()
園芸ネット

商品詳細を見る

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
 広告
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
広告
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

Dobot

Author:Dobot

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今週の人気記事
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。