スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


逆切れするピックアップトラックの運転手に頭突き

daniels headbutt full video2015年5月26日頃
アメリカ

 



(2015年5月26日 投稿映像)

上の続きも含むバージョン

(2015年5月27日 投稿映像)

バイクで走行していると、
追い越し禁止(対向車線への進入禁止)区間で、
撮影者側の車線に突っ込んで来て、
撮影者のバイクと正面衝突し掛ける1台のピックアップトラック

だがこのピックアップトラックの運転手、衝突し掛けた後、
バックして戻り、助手席の妻らしき女性と共に、
”気を付けろ!”、”トラックには子供も乗っているだぞ”
などと、ライダーに詰め寄った

自分が対向車線にはみ出して衝突しかけておいて、
見当違いな言い掛かりをつける夫婦

そこへ、ダニエル(Daniel)(撮影者のバイク仲間)が登場し、
トラック運転手に、ヘッドバット!

ヘルメットを被ったままの男性に頭突きを食らって、
思わず、後ろに転んでしまったトラックの運転手

取り合えず、散々文句を言うだけで、立ち去った夫婦だが、
翌日、撮影者とダニエルが一緒にいる時に、また同じ夫婦に遭遇し、
ピックアップトラックの助手席から人が身を乗り出して、
缶らしき物を投げつけた!

何時何処での出来事なのかなどは明記されておらず定かではないが、
投稿された日頃と見られ、ピックアップトラックのナンバープレートは、
アーカンソー(Arkansas)州のようなので、その辺りではと思われます

最初に投稿された、ヘルメットのままヘッドバット映像が、
バイクの端的な制裁として話題になり、後日続きを含む映像も投稿され、
論議となっており、

・どうであれ口論のみの相手に、ヘルメットで頭突きするような暴力を振るうのは、
 間違っている

・映像開始頃のバイクの速度メーターが示す速度は、
 70mph(約113㎞/h)以上と見られ、バイクの速度も早過ぎる

・映像投稿者(撮影しているライダー)が、この道を、
 170mph(約274㎞/h)以上で走行している映像も投稿されていたりするため、
 (この映像は削除されたようですが、【画像】は出回っている)
 地元の人達から”暴走バイク”と見られるなど、元々バイク側に問題があるのでは?
 ピックアップトラックの夫婦が言っているのは、ライダーの日頃の運転態度の事では?

・ピックアップトラックは、追い越しなどで対向車線へ入ったようには見えないので、
 意図的に対向車線のバイクに当たりに行ったのでは?

・翌日”別”のピックアップトラックの人達などからも物を投げられるほど、
 このライダー達は、周辺の人達から毛嫌いされているのでは?
 (”翌日”というシーン、投稿者は同じ夫婦としており、
  助手席から身を乗り出し缶を投げた人は、
  白いピックアップトラックに乗っていた女性と同じようにも見えますが、
  トラックは別のようなので別人、と見る人達も・・・)
とも推測されている

(夫婦の言っている事が余りにも見当違いのため、もしかしたら、
 原因は別の所にあるのかもしれない、との見方もある)
違反して対向車線に突っ込み事故を起こしかけた挙句、
自分達の非は全く認めず、相手を責め立てる、
自分勝手なとんでもないピックアップトラックの夫婦と、
ヘルメットで頭突きして反撃するライダーの友人


良心をもたない人たち (草思社文庫)良心をもたない人たち (草思社文庫)
(2012/10/04)
マーサ スタウト

商品詳細を見る

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
 広告
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
広告
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

Dobot

Author:Dobot

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今週の人気記事
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。