スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


忘れ物を拾おうとしてエレベーターとフロアに挟まれた男性

监拍男子转身进电梯捡包 被突然下坠轿厢夹死2015年6月4日 夕方
中国、福建省福州市台江区

マンションのエレベーターでの出来事




長めのニュース


世茂外灘花園(世茂外滩花园)という高層マンション区(団地)の第3号棟
(画像クリックでこの画像を掲載しているグーグルマップへ)
监拍男子转身进电梯捡包 被突然下坠轿厢夹死 2

2003年11月にオープンした49階建てマンション群
(川沿いの高級マンション地区と言う感じのようで、2006年に55階建も増えるなど、
 団地の開発は続いているようですが、映像の3号棟はオープン当初からある建物)

16:15、自宅のある3階へ帰ろうとしていた、53歳の男性、グオ(郭)さんと、
仕事から帰宅してエレベーターに乗り合わせた、58歳の女性

マンション1階からエレベーターに乗り込んだ2人、
だがエレベーターが止まってしまい、閉じ込められた
(”1階で”とも”2階で”ともされているため、
 昇り始めてすぐ止まってしまった模様)

エレベーター内にいた人達は、緊急呼び出しボタンを押し、
エレベーターの技術者(保守職員)が現場に到着

動き始めたエレベーターは3階へ上り、3階のフロアに到着してドアが開き、
16:35、閉じ込められてから20分で昇降機内の2人はようやく解放され、3階フロアへ

(乗り込んだ男性が3階のボタンを押していたため、
 動き出して3階まで登り停止したようにも思えますが、
 保守職員が、何故か停止していた1・2階のフロアではなく”3階へ上げた”そうで、
 そのため保守職員は3階のフロアにいた)

作業員の待つ3階フロアで、やっと解放されそそくさと降りた2人だったが、
降りた男性がエレベーター内にバッグ(ウエストポーチ)を落としていた事に気付き、
身を乗り出すようにしてバッグを拾おうとしたが、突然エレベーターが降下
(男性は宝石事業を営んでおり、エレベーターに落としたバッグには、 
 現金と宝石などが入っていた模様)

エレベーター内に左足を踏込み、左手でバッグを拾った男性は、
下ったエレベーター庫内に前のめりに転がり落ち掛け、踏ん張ろうとするも、
体を支えていた右手は昇降機の方に掛けていたためか、バランスを失いフロアへ戻れず

隣にいたエレベーターの保守職員が、咄嗟に男性の首元を掴んで、
男性を引き上げようとしたが、間に合わず・・・

数分後救急隊が駆け付けたが、男性の死亡が確認され、
男性を掴み上げようとした作業員は右手を負傷し病院へ搬送
(男性の左足は昇降機とシャフトの間から発見、
 右足はフロアに残されていた、との話も)

このマンションでは、エレベーターの誤作動が多く、
閉じ込められるような事は何度もあったそうで、
先月3人が乗っている時に、11階から3階辺りまで落下、
幸い負傷者はなかった、と話す住人も・・・
(負傷者がなかったようなので、”落ちた”というよりは”急降下”
 と言う感じではないかと思われますが・・・)

ただこのエレベーター、先月(2015年5月23日)保守を行った事になっていた

保守管理会社として明記されている、
”福州东生机电设备工程有限公司(福州東生機電設備工程有限公司)”
に連絡を取ろうとしたニュース記者もいたようですが、連絡取れず

その後、エレベーター技術者が見た所、
”エレベーターのワイヤーロープなどの部品が老朽化により、
 明らかに問題があり、交換が必要”、とのこと

だがこの交換が必要と言った技術者というのは、
記載されていたエレベーターの保守管理会社のスタッフ

(先月メンテナンスを行ったばかりの会社の職員なのに、
 あちこち老朽化? どういうこと?)

定期的に検査に回っているのは下請けの業者で、
実際記載されている会社の職員ではなかった事が発覚した、とのこと

現在、エレベーターの管理会社や不適切に検査完了とした下請け業者などの、
エレベーターの管理の問題や、事故発生時、
現場にいた職員が救出作業で不適切な操作を行わなかったかなども捜査中

(乗っていた2人がフロアへ降りたため、別の所にいた作業員が、
 電源を落とすなどして、昇降機を降下させた可能性もあると見られ、
 事故時、現場にいたエレベーターの(記載されている管理会社の)
 3名の保守作業員の内、負傷した職員は、結構重傷で手の手術が行われた後、
 入院中なため、他の2名が警察に呼ばれ、手順に不備がなかったかなど調査中)

今回の事故に関しては、エレベーターの誤作動で昇降機が降下したわけでなく、
誤作動対応に来た作業員の操作ミスの可能性もあるようですが、
どれだけ安全基準が定められ、”ちゃんと定期点検もしてます、OKです”でも、
ワイヤなど主要部品が老朽化していて”落ちても仕方ない”な状況だったりする中国、
誤作動が発生しても、死傷者が出るまで(大きく騒がれる事でもなければ)、
ちゃんと対応されないようで、今後も事故は続きそうです

エレベーターに閉じ込められ、20分経ってようやく解放されたものの、
昇降機内の忘れ物を取ろうとして、突然落ちるように降下したエレベーターに挟まれ、
男性が命を落とした、中国の”高級マンション”での事故

[関連記事] ・動き出したエレベーターと天井に挟まれかけた男性
         ・学校のエレベーターが故障し、生徒が挟まれる


中国のヤバい正体 (フリンジブックス)中国のヤバい正体 (フリンジブックス)
(2013/07/30)
孫 向文

商品詳細を見る

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
 広告
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
広告
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

Dobot

Author:Dobot

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今週の人気記事
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。