スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


救急車の行く手を阻むように、道を譲らないバス

נהג לא פינה דרך לאמבולנס2015年6月10日頃
イスラエル、高速道路40号線

 




ベエルシェバの病院から、
ほぼ真北へ約100㎞(道なりに1時間強)の所にある、
テルアビブ郊外の大きな病院へ急患を搬送していた救急車

ベエルシェバの病院から23㎞程走り、ベイト・カマ町近く、
(高速道路40号、ベイト・カマ・ジャンクション付近)
まで来た所で、道を譲ろうとしない1台のバスに遭遇

何とか追い越そうとするも、他の車も多いため追い越す事も出来ず、
クラクションを鳴らしたりして必死に右側車線に入ってもらおうとするも、
全く道を譲らず、まるで妨害するかのように、
救急車を無視して、追い越し車線を走り続けるバス・・・

この救急車の運転手が憤慨して、
”危険な状態の患者を搬送していたが、何故エシェル輸送のバスは道を譲らない?
 バス運転手にとって他の車両を追い越す事がどれ程重要なんだ!”
として、2015年6月10日の午後、ネット上に映像を投稿

(救急車なので本来なら、すぐに高速道路を逸れて近くの病院へ、なのでしょうが、
 この救急車は長距離搬送中で目的地はまだ80㎞程先、
 ”数分間続いた”との話もあり、救急車の運転手の怒り具合からも、
 かなりの間続いたものと見られているが、
 具体的にどれだけの間前に居座っていたのかは不明)

投稿された映像はすぐに話題となり、
投稿された日の夜にはニュースでも取り上げられた程

バス会社のエシェル輸送(מובילי אשל、Movilei Eshel)
には非難が殺到したものと思われますが、
警察も捜査に乗り出し、バス会社は、
”全面的に、警察への捜査に協力する”
”この運転手を解雇する予定”、とのこと

何か救急車に恨みでもある? それとも耳が聞こえない?
と不思議にも思えるほど、救急車に道を譲らず、前に立ち塞がり続け、
仕事を失ったイスラエルの公共バスの運転手


救急箱 車型 G-2343N救急箱 車型 G-2343N
()
ヂャンティ商会

商品詳細を見る

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
 広告
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
広告
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

Dobot

Author:Dobot

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今週の人気記事
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。