スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


猫、ワニ達の池に投げ込まれる

Maltrato Animal En Iquitos - Nauta2015年6月9日頃
ペルー、ロレート県ナウタ近く

 



(2015年6月9日 投稿映像)

オリジナルは、【Facebook - Karolina Villacorta】
2015年6月9日 投稿映像

いつの出来事かは定かではありませんが、
投稿日頃の出来事と見られている

数人が見守る中、ワニが大量にいる池の中に、
放り込まれた白黒の猫

一旦は、水から上がったものの、周囲は竹垣に囲まれ、
登って逃げようとしたもののワニに掴まり逃げ出せず

何度か水面に顔も表したが、水の中へを姿を消し、
微かに赤く色付いたような池の水・・・

投稿者によると、
イキトス - ナウタ間、途中のナウタ近くのレストランで、
ワニ達の餌として、猫が投げ込まれた、と、
”残酷な行為”として非難する形で投稿された

(イキトスもナウタも、アマゾン川の上流のマラニョン川に面する町なので、
 ワニは多いようですが、”ペルー ワニ料理”で検索すると、
 日本語でも”イキトス市”の情報が見つかり、
 撮影された場所は、レストランという事なので、
 レストランで提供しているワニ料理の、
 ワニの生け簀(養殖池)という感じではないかと思われます)

映像投稿者は、”日々のワニの餌として供給されている”と聞いたようで、
映像の時のみならず、日頃から、な模様
(映像には猫が投げ込まれる前に、”生きている事を確認して”のような言葉も入り、
 餌付けショーのような感じで、池の所有者と思われる人が猫を放り込み、
 見物人のショーを楽しんでいるかのような会話が入っているようです)

衝撃的な映像はすぐに話題となり、投稿当日(6月9日)には、
ペルーではニュースでも取り上げられ、動物虐待として調査が始められた

このレストランの所有者はすぐに判明しており、
Carlos Luis Vela Díaz

実際に取材に行ったニュース記者が、店の所有者の妻、
Iris Pita Díaz から話を聞いたようですが、
妻は、ワニを飼育している事は認めているものの、
”ワニを養うために、動物を餌として与えるような事はしていない”
”(レストランである事から)客の出入りも多く、観光客(見物人)も多い”
として、映像投稿者の”経営者が餌として猫を与えている”という話を否定したようですが、
”映像という証拠があるにも拘らず、妻は否定している”と伝えられた

その後警察らが、レストランの調査なども行ったようですが、
ワニ園(池)を持つレストラン経営者は、
必要な営業許可証を持っていなかった、とのこと
(”安全規約に違反している”とも)

経営者の男性は、
”こんな出来事が起こってしまって申し訳なく思っている” としている

観光客が勝手にやった事で、経営者らが猫を投げ込んだわけではないが、
自分の所有する敷地内で発生した出来事なので、
管理者としては反省してます、としているようで、
立ち入り調査で、レストランやワニ池の施設の安全性に、
問題があるなどは分かっているようですが、
実際に猫を投げ込んだ犯人は判明していないようです

ワニの餌付けショーのように、いつも行われている風に出回った事で、
更に問題視され、大きな話題となった、
猫が生きたままワニの池に放り込まれた出来事


クロコダイルつめ2本セット(わにの前脚&後脚) ワニ肉 【販売元:The Meat Guy(ザ・ミートガイ)】クロコダイルつめ2本セット(わにの前脚&後脚) ワニ肉 【販売元:The Meat Guy(ザ・ミートガイ)】
()
The Meat Guy

商品詳細を見る

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
 広告
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
広告
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

Dobot

Author:Dobot

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今週の人気記事
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。