スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


飲酒運転で捕まった男性、ナイフで警官を襲う

Пьяный нарушитель зарезал инспектора ДПС на Алтае2015年6月19日 AM 1:30頃
ロシア、アルタイ地方クラスノシェコフスキー地区ハルロヴォ(村)

深夜、不審なラーダ・VAZ-2106を発見して停止させ、
運転手に免許証などの書類の提示を求めた、交通警察官

話していて飲酒が発覚したため、飲酒運転で捕まり、
運転手はパトカーに乗せられ、書類を作成している最中・・・



交通警察官らに捕まり、必要な免許などを渡して、
警官の質問などに応えつつ、パトカーの後部座席に座っていた、
酔っ払いのラーダの運転手

警察官らは書類を確認しつつ、飲酒運転で交通違反の切符を切っていた

しかし突然、後部座席にいたラーダの運転手が、
刃渡り30cmの包丁の程のナイフを取り出し、
後ろから警察官らに襲い掛かった・・・
(ベルトに狩猟用のナイフを持っていたようです)

先に襲われた、運転席で書類に記入していた警官は、
アレクサンドル・リャムキン(Александр Лямкин) 1981年生まれ
(34歳とも伝えられておりますが、1981/9/1生まれなのでまだ33歳)
いきなり後ろから、顔付近を切り付けられた

直後に、助手席にいて刺されるように襲われた警官は、
ローマン・ポリニコヴォ(Роману Польникову)

助手席にいた警官は、車外に出る事に成功、
再び運転席の警官を襲い始めたラーダの運転手

一旦外へ出た助手席の警官も協力し、運転席の警官も車外に脱出

負傷した警官らは、すぐに仲間へ無線連絡し、
逃げ出そうとパトカーの窓を割るなどして暴れるラーダの運転手を、
ドアを押さえて逃走を阻止し、到着した警官らが犯人の身柄を拘束

刺された2名の警官のために、救急車も駆け付けたが、
運転席側にいた警官の方は、首の傷が致命傷となって、
救急車が到着した時には既に息絶えており、現場で死亡が確認された

助手席側にいた方は、重傷を負い危険な状態で病院へ搬送、
治療後容態は安定し命の危険は去った、そうです

警官を襲ったラーダの運転手は過去に窃盗の前科のあった、
地元に住む1977年生まれ(38歳)の男性

現在事件は調査中ですが、
懲役20年もしくは終身刑になる可能性がある、とのこと

飲酒運転のドライバーがパトカー車内で、いきなりナイフで襲いかかり、
警察官1名を殺害し、1名に重傷を負わせた事件


診断名サイコパス―身近にひそむ異常人格者たち (ハヤカワ文庫NF)診断名サイコパス―身近にひそむ異常人格者たち (ハヤカワ文庫NF)
(2000/08)
ロバート・D. ヘア

商品詳細を見る

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
 広告
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
広告
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

Dobot

Author:Dobot

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今週の人気記事
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。