スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


鉄柵の裏にいたのに牛の角に刺された男性

Hombre muere por cornada mortal de toro en Cáceres Encierro Coria 24 06 20152015年6月24日
スペイン、エストレマドゥーラ州カセレス県コリア郡モラレハ

サン・フアン(San Juan)祭り
(サンフアン火祭りとも)での闘牛

2:00頃からどうぞ


闘牛場の周囲に張り巡らされた鉄格子の間から、
出入りして、牛を煽る市民達

牛を煽っては、鉄柵の後ろに隠れ、
オッカナビックリの度胸試し闘牛を楽しんでいた人達

しかし、柵の後ろにいたものの奥まで入らず、
牛の角が届き、1人の男性が牛の角に突き上げられ、
天井まで持ち上げられてしまった・・・

(”柵へ逃げ込み損ねて”とも、”柵に完全に入り込む時間がなく”とも、
 とも伝えられておりますが、映像の様子を見ると、
 1本鉄柵を抱え込むようにしていた男性は、
 掴んでいた鉄棒の陰になったのか、牛の右角を見落としてしまい、
 左角の方を見て大丈夫だと思い油断して、奥へは逃げなかったように見える)

男性は、牛の角に胸を突かれて持ち上げられ、
降ろされ角が抜けた直後、再度、腹部に角が刺さり、
引っ掛けるように持ち上げられた

Bull impales dude inside the protection structure

被害者男性を病院へ搬送中(通過するだけ)


男性は、MCB 43歳
(名前の頭文字のみしか公表されていないようです)

牛の角は、上方向に向けて胸部と腹部に45㎝と30cm刺さり、横隔膜などを損傷
(”頭部外傷も”ともされているため、牛に突き上げられた際、
 天井に頭をぶつけ負傷していた模様)

バイタルサインは非常に弱い状態で病院へ運び込まれ、
蘇生処置も行われ、手術が行われたが、
外傷性ショックにより心停止状態に陥り、手術中に死亡

コリアでは2007年以来、闘牛による死者は出ていなかった、とのこと

闘牛の牛は最終的に殺されるため、
動物愛護団体が動物虐待として繰り返し批判し、再三闘牛中止を求めていたり、
今回の死亡事故で、禁止するよう求めているそうですが、
コリアの市長(郡長?)は、”これは伝統であり、末永く続けていくだろう”としている

サンファン祭りは、スペイン全体で行われており、
他の地区でも祭りに闘牛が行われていたが、同日、
(モラレハはスペイン西部のポルトガルに近い町ですが)
スペインの東部、カタルーニャ州タラゴナ県ランポーヤでも、
闘牛で牛の角に突かれ、男性1人が命を落とし、
スペイン全体では、祭りの闘牛で2名が亡くなったようです

(上のモラレハの事故は、出回った映像が話題になった事もあってか大きく伝えられ、
 ランポーヤの方は、モラレハのついでのようにまとめて伝えてる所があるだけで、
 映像などは出回っていない模様)

鉄格子の間を出入りして行っていた、市民の度胸試しのような闘牛で、
鉄格子の裏手にいたにも拘らず、牛の角に突き上げられて命を落とした事故


ソリッドアライアンス Fridgeezoo 24 ブル FGZ-24-BL06ソリッドアライアンス Fridgeezoo 24 ブル FGZ-24-BL06
()
SOLIDALLIANCE (ソリッドアライアンス)

商品詳細を見る

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
 広告
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
広告
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

Dobot

Author:Dobot

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今週の人気記事
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。