スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


インドのボトルウォーター充填工場(?)

Bottled water sold at railway stationインド、グジャラート州アフマダーバード、
アフマダーバード・ジャンクション駅

 



(2014年2月2日 投稿映像、ですがオリジナルかどうかは不明)

駅の放送が響く、駅建物のすぐ外で、
バケツの水を汲んで、ペットボトルに注ぐ女性

このバケツ水ボトルは、駅構内で列車の乗客らに、
”ミネラルウォーター”として販売されるそうです

インドでは、気温が上がり飲料水の需要が増加する時期になると、
捨てられたペットボトルに水を入れて販売する人も増加

(マナーの悪い客が多く、空のボトルがあちこちに転がっているようで)
列車内の座席などに置き捨てられたペットボトルを拾い集めて、
その辺の水を入れ、普通のミネラルウォーターより安い価格で販売

駅構内の水道には、偽ミネラルウォーター作成のための、
人だかりが出来る事もあるそうで、
一部握り潰したようなボトルでも使用されている

(インドでは)こういう事があちこちの駅で行われ、
鉄道の職員は発見すると捕まえたりもしているそうですが、
小さな子供が多く、厳しく注意して解放する事が多い、とのこと

乗客の中には、分かっていて購入する人もいるようで、
駅で停車中に水を買いに行きたくても、
一旦席を離れてしまうと、人に席を取られてしまうため、
駅構内のちゃんとした売店まで買いに行けず、
席まで売りに来る飲料水を、水道水だと分かっていても仕方なく買う、そうです

騙されて購入する人だけではなく、分かっていて買う人もおり、
鉄道職員が取り締まっても、売れてしまうため後を絶たず・・・

(映像の女性は、
 駅構内の水道が先客で一杯だったために、水道を使えずバケツなのか、
 構内の水道を使用していると、駅職員に捕まるために、
 一応駅の建物から出て行っているのかまでは分かりませんが・・・)

特に夏場の大きな駅なら、駅周辺のあちこちに、
ミネラルウォーター充填工場が出没するらしい、インド


飲みものの危険度調べました (三才ムックvol.685) 飲みものの危険度調べました (三才ムックvol.685)
(2014/1/31)
渡辺雄二

商品詳細を見る

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
 広告
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
広告
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

Dobot

Author:Dobot

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今週の人気記事
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。