スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バイクを押しながら交差点で停止中の対向車らに突っ込んだトラック

강화 교통사고 동영상2015年7月3日 13:30過ぎ
韓国、仁川広域市江華郡江華邑(カンファウプ)

 




撮影者の左隣の左折専用レーンを直進し、
左折レーンで左折待ちしていたと思われる1台のバイクに追突し、
バイクを押したまま、交差点を突っ切って、
対向車線側の左折レーンで左折待ちしていた、
白のヒュンダイ・アバンテ(日本名:エラントラ)と、
ゴミ収集車に突っ込んだ、白の1トントラック・・・

事故後の現場映像のニュース


押されていたバイクは白バイ、
乗っていたのは地元の50歳の警察官で、
バイクごと押され、対向車と挟まれるように撥ねられ重傷を負い、
他のヒュンダイ車やゴミ収集車らの乗員、7名が重軽傷を負い病院へ搬送

突っ込んだ白の1トントラックの運転手は、
ファン(황) 56歳

このトラック運転手は大きな怪我もなかったようで、
事故後、警察が到着前に現場から逃走

だがトラック運転手が事前に作成していたと見られる遺書が見つかっており、
自殺目的で意図的に突っ込んだ可能性もあると見られる、
として、事故当日ニュースとなった

その後、警察らは現場から逃げた運転手を捜索していたが、
事故の翌日(7月4日 AM10:00)、周辺の野山を捜索中の警官が、
首を吊って死亡している運転手の遺体を発見した

運転手の男性は、郊外で農場を営んでいた男性で、
家族によると、普段からうつ病の症状があり、
遺書には、”家族に申し訳ない”と残されていた、とのこと

事故当日の午前中も、精神科の病院で治療を受け、
病院からは入院治療を勧められていたそうで、
普段から、”パトカーが自分を追い駆けて来る”とか、
”携帯電話も盗聴されている”など話しており、
少し異常な言動が見られたそうです

精神的に非常に不安定な状態で、
遺書を書き、自殺も考えていた男性のようですが、
少し警察に対しての被害妄想的な症状があったようなので、
たまたま目の前にいた白バイに錯乱して、
白バイを襲撃するように突っ込んだのでは、とも思われますが・・・

白バイを押しながら停止している対向車らに突っ込んで8名の負傷者を出し、
原因となった運転手は、近くの山で首を吊って自殺した事故


もしも「死にたい」と言われたら  自殺リスクの評価と対応 もしも「死にたい」と言われたら  自殺リスクの評価と対応
(2015/6/2)
松本俊彦

商品詳細を見る

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
 広告
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
広告
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

Dobot

Author:Dobot

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今週の人気記事
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。