スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


強盗に銃を奪われ、自分の銃で撃たれた警官

PM aposentado reage a assalto e é morto a tiros2015年7月12日 19:00頃
ブラジル、サン・パウロ州ジャカレイー

サンパウロ市から北東へ約84㎞程の所にある町の、
スーパーマーケットで、強盗と揉み合いになった警察官



撃たれた男性は、
ルシオ・イナシオ・モンテイロ(Lucio Inácio Monteiro) 55歳(56歳とも)

正確には警察官ではなく、”元”警察官で現在は軍警察を引退し、
スーパーで警備員をしていた男性

スーパーに押し入った強盗を阻止しようとしたが、
持っていた銃を強盗に奪われ、揉み合いになり、強盗が発砲

強盗は警備員から奪った銃を合計6発を発砲し、銃を持ったまま逃走

(6発の内何発が当たったのかは不明ですが)
最後の2発は当たり、警備員の男性は病院へ搬送されたものの、
病院で死亡

犯人は捕まっていない


サンパウロ州では、この日(7月12日)3件の警官が絡む事件が発生しており、
3件をまとめて伝えている所も・・・

(上の映像の他の事件は)
12日22:00頃、サンパウロ市東部ラジェアド地区の路上で、
Antônio Cavalcante Pereira 55歳 が撃たれた

 この撃たれた男性も、元警察官(引退した軍警察官)で、
 歩いて帰宅途中に胸を撃たれ病院へ搬送されたが、死亡

 相手は何も盗らずに逃走したが、強盗目的だったものと見られている

12日の早い時間、サンパウロ市北部フレゲジーア・ド・O区で、
Edevilson Donizete Máximo 44歳 が襲われた

 この男性は現役の軍警察官で、仕事を終え帰宅しようとした際に、
 2台のバイクに乗った3人組の強盗が近付き、
 男性が警官である事に気付いた強盗らは、銃を発砲し何も盗らずに逃走

 強盗の撃った弾は警官の首に当たっており、近くの病院へ搬送後、
 大学病院へ移されたが、大学病院で死亡

同日サンパウロの別々の場所で3件の、強盗による(元を含む)軍警察官の殺害事件、
3件とも犯人は捕まっていない、として、ニュースでは、
(一番上の事件だけが監視カメラの映像があるために、その映像を中心にして)
翌日3件まとめて伝えた所が多い

ニュースはこんな感じ


発生した3件の事件の内、2件は”元”警察官なものの、
引退したベテラン警官のためか、警察官としてまとめて伝えられている

(ブラジルの定年退職年齢は60歳のようですが、
 軍警察は、危険を伴う職業でもあるため、
 (様々な条件もあるものの)大体30年程で退職する権利が発生し、
 年齢ではなく、勤務年数30年間程で自発的に退職可能となり、
 公務員特別退職金も出る定年退職のような退職となるようで、
 学校を卒業してすぐ警官になったとすると、50歳位にはもう退職可能年齢になるようで、
 時間的に不規則な生活、そろそろ年齢的にも危険を伴うような激務には、
 と退職金を貰って退職した、中途退職ではない”55歳で元警察官のベテラン”が、
 今回の事件に2名、な模様
 
 ただ特別退職金を貰って退職しても仕事をしないと生活できず、
 治安の悪いブラジルでは普通のお店でも警備員を雇う事も多いので、
 警備員などの仕事をする方が多いようです)

強盗に警官が撃たれ死亡した事件が、1日に3件も発生したサンパウロ


ブラジル 跳躍の軌跡 (岩波新書)ブラジル 跳躍の軌跡 (岩波新書)
(2012/08/22)
堀坂 浩太郎

商品詳細を見る

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
 広告
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
広告
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

Dobot

Author:Dobot

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今週の人気記事
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。