スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


エスカレーターの機械に巻き込まれた子連れの母親

荆州电梯事故2015年7月26日 AM 10:00過ぎ
中国、湖北省荊州市

安良百貨店(安良百货)(ショッピングモール)


監視カメラの映像のみ


英語のニュース映像
(最後に救出作業時の画像2枚)


6階から7階フロアへエスカレーターで上がってきた、
まだ3歳にならない(2歳10ヶ月の)少年を連れた母親、
シアン・リュウチェン(向 柳娟) 31歳(30歳とも)

エスカレーターの降り口で、小さな息子が足を挟まないように、
降り口近くになった所で息子を抱え上げ、フロアに降りた

が、その瞬間、底が抜けたように母親の足元が崩れた

降りたばかりのフロア部分は、まだエスカレーターの機械上で、
エスカレーターの蓋が開いたように、金属製の板が外れて穴が開き、
母親は足を機械に突っ込んだようになり、
下半身を機械に巻き込まれ、引き摺り込まれた

抱えられていた少年は、傍にいたモールのスタッフが救出し無事

その後、警察や消防隊(救助隊)らが駆け付けるも、
母親は完全に機械の中に入り込んでいた・・・

この女性の夫、チャンウェイ(张伟/張偉) 32歳 (バス運転手)
は、服を買いに一緒にモールへ来ていた

家族は6階のフロアで買い物していたが、
3歳の息子はエスカレーターに乗るのが楽しいらしく、
”この子エスカレーターが好きなの、ちょっと7階へ行って降りてくる”
そう言って奥さんは息子を連れてエスカレーターへ

エスカレーターで登って、すぐに、
下りのエスカレーターで降りてくるだけだったようで、
夫は6階のフロアで2人が往復してくるのを待っていた
(映像の6階登りエスカレーター正面に立っている人が夫のようです)

7階の降り口に迫り、息子を抱え上げる奥さんの様子などを下から見ていた夫、
だが突然妻が倒れ、7階フロアのエスカレーター傍にいた、
数人の職員がパニックになっていた

6階のフロアからは、何があったのかよく分からなかった夫には、
上のフロアに到着時に妻が転んでしまったように見えたが、
女性職員らは”落ちた!”などと叫んでいたようで、
妻と息子共に落ちたものと思い、思わずエスカレーターの下を見に行った、
しかし全く何も見えず・・・

状況が分からない夫は、7階のフロアへ上がり、
息子を発見し、状況も把握

夫と助かった息子
荆州电梯事故 2

エスカレーター保守会社の職員らが到着し、
エスカレーターの機材を切断し解体が始められたが、
これが非常にスローペース

ゆっくり切断する作業振りに、
夫はかなりイライラしたようですが、職員は、
”閉じ込められている場所が特定出来ないため、
 救出作業で2次的な損傷の恐れがあるから”と説明

フロアの上からと下からエスカレーターを切断・解体して、
約4時間後、ようやく女性は発見されて救出されたが、
既に生命兆候を示していなかった・・・

長時間掛っていた救出作業中に、
現場のショッピングモールには、他の家族も集まって来ていたが、家族らは、
”彼女の息子が助かったのはせめてもの救い”と話している

事故の瞬間に居合わせた息子は、
ずっと”ママ、ママ・・・”と泣き叫んでいたようで、
その声にも周囲の人達は心を痛めていた、とのこと
 
事故原因は調査中

ただ中国では、過去にも同様の事故が・・・
 2013年5月14日、湖北省(同じ省内)宜昌市のショッピングモール、
 2階から3階に上がるエスカレーターで、
 70代の女性がエスカレーター内に転落して死亡した
 
 事故の原因は、前夜エスカレーターの点検修理が行われた際に、
 作業員が部品を取り付け忘れ(床板のネジの締め忘れ、とも)、
 翌日買い物に来ていた女性が転落し、エスカレーターの機械に巻き込まれ死亡

この事故からまだ2年程しか経っておらず、今回も同様の原因が示唆され、
エスカレーターの保守管理に問題があったものと見られているが、
映像を見た視聴者は、
ショッピングモール(スタッフ)の緊急時の対応を問題視

”何故傍にいた人がすぐにエスカレーターを停止しなかった?”
”すぐに止めていれば少なくとも命は助かったのでは?”と、
エスカレーター傍に3名ものモールの女性職員がいたにも拘らず、
誰1人傍にある”非常停止ボタン”を押すだけ、
という作業に至らなかった事を問題視し、この場にいた職員と、
(3名全員が停止ボタンを押そうとしていないため)
モール側の社員教育も問題視され、モールに批難が殺到

(当日のニュースは、モール側からの情報を元にしたのか、
 ”傍にいたスタッフが子供を救出し3歳の少年は無事”
 ”職員が女性を助け上げようと努力したが敵わず”など、
 モール側は出来る限りの事を行った、
 そのお蔭で子供は助かった、的な伝え方をされていたが、
 それに対する反発もあってか、職員に対する批判が殺到し、
 翌日のニュースでは
 ”エスカレーターの機械的な安全管理の他、現場にいた職員にも過失あり”、
 ”最後まで息子を巻き込まないよう守った母親”という感じに・・・)

”人を巻き込むと自動で停止するような安全装置(緊急対策)が、
 何故作動しなかった? これも不具合では?”
とも言われているが、どうやらこの安全装置は、
エスカレーター(の踏み板の上)に乗っている人が対象となるようで、
今回の女性は上に乗っていたわけでなく、
エスカレーターの折り返し部分で巻き込まれたため、
作動しなかっただけで、不具合ではない、そうです
(最後の方でエスカレーターが止まったようですが、
 女性の体が機械に挟まり、機械は動けなくなっただけ、のようです)

事故時、何故モールの職員が数人もエスカレーターの所にいたのかも、
視聴者から疑問視されていたが、
(27日夜、荊州市の安全監督局長が記者会見で)
5分程前にモールの職員は、
エスカレーターの蓋が浮いて傾いていた事に気付いたが、
一切エスカレーターの使用を規制したり、警告などの措置を取らず、
息子と上がって来た女性が、緩んで浮いていた床に乗り、
落ちてしまった事が発覚した、と発表

(これを受けてか、これ以降のニュースでは、
 事故原因は、エスカレーター降り口の床(エスカレーターの蓋)の、
 接続不良(ネジ止めしていなかった等)と断言する形で伝えている所も・・・)

エスカレーターから降りた途端床が抜けて、エスカレーターに巻き込まれ、
女性が命を落とした、中国の人食いエスカレーター事故

追記:事故の少し前、”スタッフが気付いた”というシーンを含む映像が出回りました


10:05 女性職員が乗った際に、少し凹んだ床、
この時点で職員らは上司に報告し、エスカレーターの保守会社へ連絡
しかしエスカレーターの停止や客への警告は一切なく、通常に稼働

10:10 女性が転落

10:12 エスカレーターの保守職員が現場に到着、とのこと


追記:その後現場にいた女性職員らがインタビューで、
    ”エスカレーターの止め方を知らなかった”と話したことから、
    中国ではあちこちの番組で、エスカレーターの非常時の止め方特集状態に・・・


中国のヤバい正体 (フリンジブックス)中国のヤバい正体 (フリンジブックス)
(2013/07/30)
孫 向文

商品詳細を見る

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
 広告
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
広告
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

Dobot

Author:Dobot

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今週の人気記事
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。