スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


犬を、高さ3mの柵の上から投げ込もうとする飼い主

El inhumano abandono de un perro en la protectora de Os Palleiros2015年8月6日 21:30頃
スペイン、ガリシア州ポンテベドラ県ポンテベドラ

 




オリジナルは、【Facebook - Protectora de animales Os palleiros】

投稿者は動物保護施設で、施設の前の監視カメラの映像

赤い車で動物保護施設前にやってきて、リードを付けたままの飼い犬を、
入り口の高さ3m程のフェンスから、施設の敷地内へ投げ入れようとする男性

しかし犬が重くて下から投げ上げても柵を越す事が出来ず、
もう1人の男性と2人で犬を担ぎ上げるようにして、
柵の上から施設内に犬を放り込み、逃げた・・・

保護施設側は、
”ゴミ袋のように彼らは犬投げ、振り返ることなく立ち去った”
として、警察にも通報し、映像を公開して、
逃げた飼い主らしい2人組の男性の情報を求めている

放り込まれた犬は、幸い怪我もなかったようで、
施設で保護され、少し怯えた様子を見せているようですが、
餌はちゃんと食べており、職員達は少しづつ撫でたりも・・・

こちらが放り込まれた犬
【Facebook - Protectora de animales Os palleiros】

まだ若い犬で、施設では”クルギー(KRUGUI)”と名付けられ、
飼い主を募集しているようです

映像の場合犯人が捕まれば、このガリシア州では、
5000ユーロ(約68万円)の罰金となる可能性がある、とのこと
(犬が負傷していた場合、罰金は30,000ユーロ(約409万円)まで、
 上昇になる可能性もあったようですが、犬に怪我がなかったため)

保護施設の3mのフェンス越しに、犬を投げ捨てようとする男性達


犬たちをおくる日―この命、灰になるために生まれてきたんじゃない (ノンフィクション 知られざる世界)犬たちをおくる日―この命、灰になるために生まれてきたんじゃない (ノンフィクション 知られざる世界)
(2009/07)
今西 乃子、浜田 一男 他

商品詳細を見る

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
 広告
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
広告
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

Dobot

Author:Dobot

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今週の人気記事
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。