スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


5階のベランダにボンヤリ腰掛ける女性を救出

Samoubiyca spasena2015年8月11日 13:40頃
アゼルバイジャンの首都バクー、ニザミ地区

アパートの5階のベランダの外側に出ている女性




ボンヤリとした様子で、ベランダに腰掛け、
大きく下を覗き込むなど、今にも落ちそうな女性に、
大勢の人達がヒヤヒヤしながら見守っていた

通報でマンションに駆け付けた消防隊だったが、
女性の部屋のドアは鍵が掛っており中には入れないという状況

だが1人の男性が、女性のいるベランダに、
隣から窓の桟を伝って移り、見事女性を救出

ハラハラしながら見ていた人達から拍手が沸いた

14:00頃には映像と共に、
”救急隊が到着するも、ロックされており速やかに介入出来ない中、
 隣人が自分の身を危険に晒して救出”としてニュースに・・・

その後(夜)のニュースでは・・・

救助隊に連絡が入ったのは、13:45

部屋の入り口には鍵が掛っており、救助隊は部屋に入れず、
”私服の救助隊員”が、隣の部屋の窓から女性のいるベランダへ移り、
女性を救出

女性はこの後病院へ搬送
(負傷はなかったようですが、精神的に不安定なため、
 救急車で病院へと搬送されたようです)

この女性、前夜にも自殺しようとした、とのこと

まるで薬物などで幻覚でも見ているかのように、
呆然とした様子でベランダから身を乗り出していた女性、
”前夜も”という事なので、前の晩から非常に不安定な状態でよく眠れもせず、
朦朧としていたのかもしれませんが・・・

女性を救出した英雄、お隣さんではなく、救助隊員だったようですが、
私服だったようなので非番でたまたま居合わせ、咄嗟に救出に向かったのか、
命綱などの装備もなく、5階の外壁で窓枠を伝って隣へ移り、
男性の方も危険だった事には変わりないので、間違いなく救世主なヒーロー

興奮した様子で自殺しようとするのではなく、
呆然とした様子でマンションから飛び降り自殺しようとした女性を、
我が身の危険を顧みず、救出した救助隊員


救う男たち~東京消防庁の精鋭ハイパーレスキュー~救う男たち~東京消防庁の精鋭ハイパーレスキュー~
(2008/11/17)
亀山 早苗

商品詳細を見る

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
 広告
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
広告
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

Dobot

Author:Dobot

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今週の人気記事
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。