スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


交差点で横断中の乳母車と女性を撥ねたトラック

ДТП Чернышевского - Карла Маркса2015年9月22日 16:30頃
ロシア、ヴォログダ州ヴォログダ

チェルンイシェフスコヴォ通り(ホルモゴリ自動車道、M8)、
カルラ・マルクサ通りとの交差点



高速道路を走行中、交差点付近でブレーキが故障した、
ダンプカーの、シノトラック・HOWO((中国重汽のトラック) 

信号待ちしていたワンボックスカーのガズ・ソボルに追突し、
ガズ車を押し退け、赤信号の交差点に突入し、
青信号で横断中だった歩行者達に突っ込み、
ベビーカーとベビーカーを押していた女性を撥ね、
交差点角に突っ込み停止・・・

ダンプを運転してた25歳の運転手
(映像でモザイクが掛けられている男性が1人だけおりますのでこの人かと)
や、ダンプに追突されたガズ車の57歳の男性運転手に負傷はなかった

しかし、撥ねられたベビーカーに乗っていた2014年生まれの少年と、
ベビーカーを押していた41歳の女性は病院へ搬送
(ベビーカーを押していた女性と赤ちゃんの関係は明確にされていないようで、
 母親なのかどうかは不明)

41歳の女性は、トラックに払い除けられるように転んだ程度で済んだようで、
入院したものの、幸い打撲のみ

だがベビーカーに乗っていた赤ちゃんは、ベビーカーごと轢かれてしまったようで、
脳損傷と骨盤や脛骨を骨折し重体で、集中治療室へ搬送された

ДТП Чернышевского - Карла Маркса 2

ДТП Чернышевского - Карла Маркса 3

事故は当日伝えられたが、
後日、交通警察がダンプの車載カメラの映像を公開し、
24日頃再びニュースとなった

ただ警察は、”まだ事故は調査中”としており、
”赤ちゃんは集中治療室で治療中で、
 医師らは子供の命を救うため全力で対応している”との話もあり、
事故から2日後でも危険な状態が続いているようで、
状況は変わらず、新たな情報は見当たらない

ニュースサイトの視聴者からは、”中国のトラックの輸入を禁止しろ!”
と、そういう問題? な意見もあったりしますが・・・

ベビーカーを押していた女性は逃げようとしたのでしょうが、
結果的には、避けようとしたトラックを追い駆け、
わざわざトラックの前に走り込んだようになってしまったため、
女性にも責任があるのでは?(母親が子供を殺そうとした!?など)
との意見も・・・

(ロシアでは、運転手が交通違反をせずちゃんと前を見て、
 即座にブレーキを踏んでも車は急には止まらないものなので、
 車が止まり切れない場合、クラクションを鳴らしたり、
 ハンドルを切るなどの事故回避対処を行うと、車側の過失は軽減され、
 その分撥ねられた歩行者側の過失が増加する、
 という背景もあるためかと)

ブレーキが壊れたダンプトラックに撥ねられ、
ベビーカーごと轢かれて重傷を負った赤ちゃん


追記:その後、赤ちゃんは昏睡状態に陥り、意識を回復しないまま、
    10月3日 少年は死亡、とのこと


動く木製3Dパズルキット V430 ダンプトラック動く木製3Dパズルキット V430 ダンプトラック
()
イワヤ

商品詳細を見る

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
 広告
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
広告
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

Dobot

Author:Dobot

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今週の人気記事
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。