スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


歩行者を撥ね、被害者を自分で搬送しかけて止めた轢き逃げ車

Сбил женщину и скрылся с места ДТП2015年10月3日
ロシア、リペツク州リペツク

ミーラ通りでの事故


撮影者の車内の音楽が少し大きめですので音量にご注意下さい


(オリジナルは、【YouTube - Сергея Федорова】
 と紹介している所も複数ありますが、
 すぐに、”衝撃的で不快なコンテンツ”として削除されたようです)

プロカトナヤ通りを走行中、ミーラ通りの交差点に差し掛かった撮影者
(ニュースでは、”ミーラ通りとネフスコヴォ通りの交差点”とされておりますが、
 ネフスコヴォ通りの1本南にある、こちらのプロカトナヤ通りかと思われます)


信号機のない交差点で、
ミーラ通りの横断歩道を横断していた80歳の女性が、
ミーラ通りを走って来たBMWに撥ねられた

高齢の女性を撥ねたBMWの運転手はすぐに停止し、
被害者の元へと駆け寄り、被害者を抱え上げて、
病院へ連れて行こうとしたように、自分の車へと運んで乗せようとするも、
途中で諦め、被害者の女性を車道に放置し、逃走・・・

目撃者らが救急車と警察を呼び、
撥ねられた女性は、病院へ搬送されたが、複数の負傷により入院
(負傷の詳細は不明)

映像は、10月5日頃(事故から2日後)出回ったようで、
5日になってからニュースとなったが、
BMWの運転手は未だ捕まっていない、と伝えられた

その翌日(6日付)のニュースでは、
”5日、BMWを運転していた男性が警察へ出頭”

運転していたのは、地元在住の28歳の男性で、
BMWは借りていた車で、車の場所も判明している、とのこと
(警察は車の所有者を割り出し、事故当時は、
 他人が運転していた事も分かっていたようです)

撥ねられた高齢の女性は、複数負傷したものの、
幸い大きな怪我はなかったようですが、脳震盪を起こしており、
その検査などのために入院が延期され、
脳損傷の可能性もあるために、まだ怪我の具合は明確にされておらず、
警察も、”被害者の怪我が重度だった場合は起訴する”としている

(被害者の担当医師によると
 命に関わるような負傷はないものの、十分重傷で手術も行われ、
 術後の容態は良好だが、経過観測のために入院している、と伝えている所も)

運転していた男性は、事故後現場を離れた事により、運転免許は剥奪され、
(被害者が重傷か軽傷とされるかにより変わるため、定かではありませんが)
2年の実刑になる可能性もある、とのこと

ただ、撥ねられた被害者の女性も、道路脇で立ち止まり、BMWを見てから、
駆け出すように車道へ出たように見える所も少し気になる・・・

(BMWの運転手は歩行者に気付き、一旦ブレーキを踏むなどして速度を落としたが、
 歩行者は自分(車)の方を見ながら立ち止まっていたため、
 通り過ぎようとしてアクセルを踏み直した、
 高齢の女性の方は、BMWが速度を落としたので、止まるものだと思い渡ろうとした、
 というような、運転手と女性の間に勘違い的なものがあり、両者が互いに気付きながら、
 両者共”相手を待たせるのは悪いから、とっとと通り過ぎようとした”ようにも見える・・・)

横断歩道を横断中だった高齢の女性を撥ねて、
一旦は自分で病院へ運ぼうとしたらしいが途中で止め、現場から逃げた運転手

[関連記事] 撥ねられた歩行者、撥ねた運転手に誘拐される?


事故と心理―なぜ事故に好かれてしまうのか (中公新書)事故と心理―なぜ事故に好かれてしまうのか (中公新書)
(2006/08)
吉田 信彌

商品詳細を見る

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
 広告
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
広告
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

Dobot

Author:Dobot

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今週の人気記事
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。