スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


火災から逃れるために、アパート4階から飛び降りた男性

Homem se joga de prédio após incêndio em Jaboatão2015年10月14日 AM 5:50頃
ブラジル、ペルナンブコ州 ジャボアタン・ドス・グアララペス

州都レシフェに隣接する市のバーハ・デ・ジャンガダ地区にある、
4階建てアパートの最上階の部屋で火災が発生



4階の部屋で火災が発生し、炎に追い詰められたように、
建物の一番端の窓から顔を出していた男性

だが熱や煙に耐え切れなくなったように、窓に登り、
約12mの高さから飛び降りた・・・

飛び降りた男性は、
クリスティアーノ・フランシスコ・ダ・シルバ
(Cristiano Francisco da Silva) 32歳

隣接する平屋建てのガレージの屋根に落下し、
屋根を突き破って転落

ニュース映像(ガレージの様子を含む)


火災による火傷と、左足に複雑骨折を負ったものの、
意識もある状態で病院へ搬送された

ニュース映像(男性の搬送時の様子を含む)


火災は、出火した部屋を全焼したものの、
周囲への影響が出る前には消し止められた、とのこと

”クリスティアーノは、怒って叫び始め、ドアを叩くなどした後、
 ガスボンベやソファなどに火を点けた”と隣人は話しており、
飛び降りた男性自身が自宅に放火した疑いもあるようです

(”妻や家族と争った後火を点けた”、との話もあり、
 家族らも室内にいたようではありますが、
 他の負傷者には触れられていないため、
 家族は逃げ出して無事だったものと思われ、
 警察はまだ調査中のため、男性の名前さえも公表していない状態で、
 放火などに関しては隣人の話から、のみのようです)

梯子車などの救助がいつ辿り着いたのかも定かでないため、
飛び降りた事がよかったのか悪かったのか・・・?
(今回は本人が火を点けた可能性もあるため何ですが、
 いつ来るか分からない救助を待ち、逃げ遅れて命を落とす可能性と、
 12mの高さから飛び降り、重傷を負って命を落とす可能性、
 結構、究極の選択・・・)

アパート4階の部屋の火災で窓から隣のガレージ飛び降り、
足を骨折したものの、命は助かった男性


きちんと逃げる。―災害心理学に学ぶ危機との闘い方きちんと逃げる。―災害心理学に学ぶ危機との闘い方
(2011/08/24)
広瀬 弘忠

商品詳細を見る

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
 広告
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
広告
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

Dobot

Author:Dobot

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今週の人気記事
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。