スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


社内の窃盗犯と疑われ、経営者らに吊られ殴られる男性

Factory Worker Hung Upside Down, Beaten To Death2015年10月15日
インド、パンジャーブ州 アムリトサル

工場の経営者らに盗難の犯人として、
捕まった作業員・・・



職場で盗みを働いたとして吊るされた男性、
それを同僚らしき人達は笑いながら見物

工場の所有者と見られる男性が、
スチール製の棒で思い切り殴り始めた・・・

吊るされている男性は、ラム・シン(Ram Singh)
ネパール人男性で、ネパールからの出稼ぎともされているが、
この町で15年間仕事をしていた男性

シンの妻によると、
数日前工場で盗難事件があったとして夫が非難され、
10月15日朝、夫が務めている職場の数人が家にやって来て、
強制的に夫を車に乗せ、連れ去った、とのこと

その翌日(16日)、道路脇で遺体で発見された

遺体発見当日は、ニュースにならなかったようですが、
17日、上の映像がFacebookに投稿されて話題となり、
大きなニュースとなった

(Facebookに投稿されたオリジナル映像は、
 ”34分”とも”47分”とも”74分”とも伝えられておりますが、
 すぐに削除されたものと思われ、定かではなく、
 短く切られた上の映像だけが出回っており、
 長い元の映像では、罵られ殴られ続けていたようで、
 映像の間は男性は耐えて(生きて)おり、
 映像の後、死亡したものと見られている)

発見された遺体には全身に負傷があり、
多数の打撲が原因で死亡した、撲殺

警察は、工場の所有者である、
ジャスプリート・シン(Jaspreet Singh)と、
他2名を殺人容疑で手配している、とのこと

映像を撮影し投稿した人は、
止めもせず、面白がって撮影していたのか、
工場所有者に逆らえず何も言えなかったが、
内部告発のつもりで投稿したのかは分かりませんが、
出回った衝撃的な映像により、大きなニュースに・・・

だが結局、殴り殺された男性が、本当に泥棒だったかどうかは分からない

映像では、殴っている男性は棒でかなり思い切り殴ってはいるものの、
殴るのはお尻のみで、顔を叩くシーンもあるものの、平手でパシッ!
なので、殺すつもりはなさそうに見えますが、翌日遺体で発見された男性


河童が覗いたインド (新潮文庫)河童が覗いたインド (新潮文庫)
(1991/03/27)
妹尾 河童

商品詳細を見る

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
 広告
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
広告
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

Dobot

Author:Dobot

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今週の人気記事
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。