スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


民家の火災で、にわか花火大会に

Uitslaande (vuurwerk) brand te Wezep Hattemerbroek2015年10月26日 18:00過ぎ
オランダ、ヘルダーラント州 ハッテメルブルク

1軒の民家から出火した住宅火災、だが・・・




火事が発生した家には、打ち上げ花火が大量に置かれていたようで、
10分間ほど花火大会状態に・・・

ニュースの映像


町境の民家のため、”ハッテメルブルク(Hattemerbroek)”ではなく、
お隣の”ウェーゼプ(Wezep)”とも伝えられております

こちらのお宅


通報により駆け付けた消防隊員らが、
住宅から男性1名、女性2名を救出し、3名を病院へ搬送

搬送されたのは、
この家に住む女性(母親)と息子で、2人は煙を吸っており入院、
もう1名の女性の関係は不明ですが、足に軽い怪我を負い、治療後退院

大量の花火により、下手に消防員も近付けず、
20:00頃ようやく鎮火、家は全焼

それにしても只ならぬ、花火・・・

オランダでは大晦日の夜に花火をするのが一般的で、
自宅の庭で爆竹や花火を打ち上げるようですが、
爆竹と言ってもダイナマイト? なサイズだったり、
こんなものを家でするの? というような打ち上げ花火だったりするそうです
(日本の花火大会で打ち上げられる5号玉程の物も、
 普通に売られ、普通の民家の庭から打ち上げたりするそうで、
 普段はケチと言われるオランダ人も、花火には数万円掛ける、との話も)

一応厳しい規定もあり、
・花火が出来るのは、大晦日の夜と女王誕生日だけ
・販売も規制され、12月29日から31日までの3日間で、
 1人当たり「たったの」10キログラムしか花火を買えない
・保有量の上限も決まっている(自宅には25キログラムまで)

どこの家も多少は自宅に置いたままになっていたりもするそうで、
”家庭で花火を一定量保有する事は許可されている”と警察は話しており、
規定以上の量があったかは定かではなく調査中

翌日(27日)午後の消防署の話によると、
”保存されていた花火が火災の原因ではない”、
”放火の形跡は見つかっていない”そうですが、
”家は完全に燃え尽きており、
 焼け跡から正確な出火原因を特定する事は困難”ともしており、
出火原因はまだ不明で、現在調査中、とのこと

小さな村祭りの花火大会程の花火を、
普通の民家に置いてあったらしい、オランダの住宅火災


オランダ式 簡素で豊かな生活の極意オランダ式 簡素で豊かな生活の極意
(2009/10/26)
大津恭子

商品詳細を見る

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
 広告
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
広告
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

Dobot

Author:Dobot

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今週の人気記事
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。