スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バス運転手、口論となった女性客を走行中にドア開けて落とす

Bus driver KILLS woman by opening bus door after argument2015年10月23日
チリ、ビオビオ州 タルカワノ

バスの中で、口論となった女性客と運転手




車載カメラをまとめた映像


バス停でバスに乗り込んだ、
サンドラ・イヴォン・ヴェルガラ・システルナス
(Sandra Ivonne Vergara Cisternas) 51歳

この女性、資格取得のために学校に通っており、
バスに乗り込み、学生パスを提示
(学生は通常料金の半額)

だがバス運転手は、女性が学生だと信じず、
口論となった女性客とバス運転手

言い争いになっていたものの、女性客を乗せて走り出したバス

(上の映像では、女性の顔にぼかしが入り、
 携帯電話で何かを一生懸命確認していたりするので、
 バス運転手との口論は終わった後に見えますが、
 この時はまだ口論中で、憤慨していた女性は、
 バス運転手を携帯電話で撮影しながら抗議していたようです)

女性客との口論で、ドアを閉め忘れ走り出してしまったのか、
しばらくドアを開けたまま、走っていたバスだが、
途中で気付いてドアは閉められた

女性客は撮影していたこともあり、バスの揺れに体を安定させようとしたように、
閉まったドアに寄りかかって、撮影しながら運転手と口論していたが、
突然ドアが開き、女性客は走っているバスから、仰向けに道路へ転落・・・

救急車が呼ばれ、病院もすぐそこだった事もあり、
数分以内に病院へ搬送されたものの、間もなく死亡
(転落した際、路面に頭部を強打したそうです)

目撃者らの話などから、意図的にドアを開けたと見られ、バスを運転していた、
フェルナンド・イリバラ・サンウエサ(Fernando Irribarra Sanhueza) 54歳
は、殺人の疑いで身柄を拘束された

チリでは、当日の内に伝えた所もあったようですが、
11月3日、捜査当局がバスの車載カメラの映像を公開した事で、
大きなニュースとして多数で伝えられている

(11月2日、裁判所で検察側と弁護側らが映像を確認し、
 バス運転手の拘留延期の審議などが行われたようなので、
 その時の映像が翌日公開されたのではと・・・)

運転手側は、殺害の意志はなく過失致死を主張し続けているようですが、
事故から10日程経ちその間に、バスのドアに問題がなかった事は確認されており、
ドアの故障や誤作動ではなく、意図してドアを開けたのはほぼ間違いないとされ、
殺人容疑での拘留はまだ続いている、とのこと

学生料金(半額)でバスに乗ろうとしたものの、学生だとは認めてもらえず、
ドアに寄りかかって、撮影しながら運転手に抗議していたら、
突然ドアを開けられ、転落死してしまった51歳の女性客


ラティーノ・ラティーノ!―南米取材放浪記 (幻冬舎文庫)ラティーノ・ラティーノ!―南米取材放浪記 (幻冬舎文庫)
(2006/04)
垣根 涼介

商品詳細を見る

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
 広告
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
広告
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

Dobot

Author:Dobot

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今週の人気記事
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。