スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


郵便局の警備員と強盗の銃撃戦に、巻き込まれた女性客

Vigilante Frustra Assalto em Santa Bárbara - COMPLETO2015年11月6日
ブラジル、パラー州 サンタ・バールバラ・ド・パラ

パラー州の州都ベレンの隣町にある、
郵便局内の監視カメラ



入り口付近にいた警備員は、
2人組の男が入り口に入ろうとした途端、銃を取り出し、
入って来た2人組もすかさず銃を構え、
突然銃撃戦となった郵便局

だが、郵便局内の椅子に座っていた、
緑のシャツで帽子を被った男性は、
客の振りして先に潜入していた強盗の仲間だったようで、
銃を取り出して警備員に襲い掛り、参戦

警備員と揉み合いとなり、他の仲間は逃げ、
一旦は降参したが、隙を見て逃走・・・

居合わせていた客達は、突然の銃撃戦でパニックになり、
床に身を伏せたり、店の奥の方へと逃げたが、強盗達が逃走し、
身を伏せていた青いタンクトップの女性が立ち上がった時、
床には大量の血が・・・

青いタンクトップの女性は、顔に銃弾を受けていた

(銃撃戦が始まり、咄嗟に両手で耳を塞ぎ、体を丸くするように椅子に座っていたが、
 0:49辺りから、女性の膝の上を大量の血が流れ始めるのが確認出来、
 女性が床に伏せようとした時、床に線のような血の軌道も・・・)
 
大量の流血ですが、強盗らが立ち去った後、
自ら体を起こした女性・・・

事件から1週間経った11月13日頃になってから映像が出回り、
ニュースになったようで、(13日の)ニュースでは、
”15歳の被害者は、病院の集中治療室に搬送された、
 3名の強盗の内2名が既に捕まり、1名のみ逃走中”、とのこと

”強盗はシルバーの車で逃走し、追跡した警官達により、
 強盗1名が射殺、1名は撃たれ負傷、1名は逃走中”や、
”被害者は病院へ搬送され、しばらく後に病院で死亡”との話も

(青いタンクトップの女性は、銃撃戦となっている入り口とは少し離れており、
 顔を撃たれるのは不自然な状況なので、跳弾を受けたようにも思えますが、
 ニュースなどでは詳細まで無いので不明

 客の振りして被害者の前に座っていた帽子の共犯者が、
 女性の横を通り過ぎる際、ズボンに隠し持っていた銃を引っ張り出そうとして、
 誤射した弾が、女性の顔に当たったのではないか、と”映像視聴者達”は見ている)

被害者は15歳の女性しか伝えられていないので、
銃撃戦を行った警備員は防弾チョッキのお蔭か、負傷はなかった模様

(”被害者は病院へ搬送された”、とされているだけの所では)
”警備員1人で3名の武装した強盗と対峙し、強盗を未然に防いだ”
とも伝えられていたりしますが・・・

強盗の誤射と見られる銃弾により、命を落としてしまった(と見られる)、
偶然居合わせた”15歳の少女”


改訂版 ブラジルのことがマンガで3時間でわかる本 (アスカビジネス)改訂版 ブラジルのことがマンガで3時間でわかる本 (アスカビジネス)
(2014/05/15)
吉野亨

商品詳細を見る

関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
 広告
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
広告
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

Dobot

Author:Dobot

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今週の人気記事
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。